Category Archives: Hobby

ひたすら詰め込んでから実技で伸ばすぜ

詰め込み型も後から実技をやるのが前提の話ならば、役に立ったりもする 日本の教育は古くから詰め込み教育なんて言われてまして、それが宜しくないということでゆとり教育なんてのが始ったようで、いったい何が変わったのかと昔の記憶をたどってみると休みが増えたって事くらいしか記憶になく、そもそも先生の教え方が同じだったら同じだろうΣ( ̄ロ ̄lll)というツッコミはさておき、とにかくひたすら詰め込んでおいてその上で実技をあとからやるとすると色々捗るということもあったりする。っていうか、あった。 考えさせる事とのハイブリッド型ならかなり有効に思えるけども、子供心に楽しく学ばせるのは難しいような気もするけれど、大人になってから好き放題、好きなジャンルを学ぶというのもそれもまたいいけれど、大人になると時間の制限も考える必要があって、それが職業につながってくる勉強となるとなおさら色々と考えてしまうのだな。これが。 どんな効果があったのか。 日記を読み返すと、最初の頃はCentOSで自宅サーバー構築を参考にして、ひたすら構築をしていた。ネタが尽きるまでひたすらと。Howtoを見ながら構築してましたというと詰め込み教育なのかというとちょっと微妙なところで、今ではChefだのVagrantfileだのと触手を伸ばせてますが、最初の頃はもう何をするにも試行錯誤の連続だったので、よく考えると詰め込みでもないのかなw サーバーを弄りだして数ヶ月頃からSoftwareDesignを読みだした。これは詰め込みに近いし。当時はミニ特集のしかも端っこのちょこっとした記事くらいしか読めなかったのだ。最初はほとんどが良く分からない記事でも買って読んでいたw 勉強のために読んでいたというよりも、刺激になっていたという意味合いのほうが強かったのかも。 んで、これはいわゆる一つの転機というのかな。サーバ/インフラを支える技術を読んだ時期がだいたい10ヶ月目くらい。これはかなり背伸びして購入した(という記憶があるけれど)、以外と読めた。当時の感想を見てみると、なんとなく意味が分かる所が60%、全く分からん所が30%分かった!という所は10%くらい。らしい(読めてないやんw)。だけど、この本はかなり強烈なインパクトがあったんだ。本を読んだのが2012年で、後々の2013年、2014年の仮想環境の構築とか負荷分散とかの検証に多いに影響があった。その頃に仕事の話なんかも何件か来たりして自信もつきながら、そしてその検証もまたとってもいい経験になった。 ちなみに2回目はまだ読んでいないw 何に対しても有効なのかいな プログラミングに対しても効果はあるのかというと 正直分からん! 今はRubyブームで、オライリーのプログラミング言語RubyとパーフェクトRubyを読み進めているところ。本の前半にあたる基本の部分と文法の部分までは良かったものの、メソッドやクラスの深い話になってくるとこれがまた訳が分からん… 最初は余裕だったので、フフンと思っていたのが後半に進むにつれてアベシになってきた。 とにかく読んで、書けるところは書いて実行してという感じに200%なっています。あまりにもワケガワカラナイところはGoogleで調べて難を逃れるという感じなのです。 まぁまた新しいことを始めているので昔のような勢いよりも控えめなのは致し方ないのですが 今の方向性で進めていてもいいのかしら〜(´ω`)‥ というちょっとした葛藤がじわじわと生まれてきたので、昔を振り返ってみて冒頭で話したような実例を思いだしたりなんかして、とにかく読み進めても後から役に立ってたじゃないかと無理やりこじつけているのです。 モチベーションを高めるというやつです。 なぜこんな話を急にしたのか 実はとくにネタもなくて更新が滞りそうだったので、っていうTNTで、こんな話をしてますw なんて言うとどうしようもないが。最近よく見かける〇〇を初めて〇〇ヶ月で〇〇作った(できた)みたいなスゲーなおい!ってのがありますが、自分はこんなもんです! ドラゴンボールでいうところの、ちょっと昔の回想シーンを使って引き伸ばす回みたいなもんですわ。 凡人は凡人のススメ方をするのだ。 小ネタはちょこちょこ更新しているよ Qiitaの方では何回か更新していたりするので、よかったら覗いてやってください。 Qiita @takekentw そんな感じです。

流行は流れて行くもんだ

  この日記を始めた頃を思い返すと、ブログランキングなるものを幾つか使ってはいたものの、たまーに何かのメールが来た時に思い出す程度に成り下がってしまった。 ブログランキングなんてのも、もう随分古いものだということは知っている。 勉強したことをアウトプットするのがいいよ!という風潮はもう随分と昔から言われていたことのようで、もともとその方面にはたいして明るくなかったたけけんの感覚からすると、楽天ブログやら、アメブロやら、ITならやっぱりはてなかな。その辺りから始まって、ここ最近になってGithub、Qiitaのコンテンツがイケイケドンドンと増えていると感じる。 そういったコンテンツを使わないで個人でブログを運営している方もそれはそれは相当多いのだろうけれど、調べ物をしている時のGoogle検索結果からすると確実に増えた。 GithubもQiitaも特化した部分に違いはあれど、食べログに近しいと思う。個人的に。 感じで例えるとレポートを作成するようなものなのかな。 そんな感じのQiita、Githubの利用者が増えているのも、便利だし簡易だしMacならKobitoがあったりと、それそのもののコンテンツとしての強さがあるので、わざわざ日記型ブログのようなものを運営する必要がないといいますか。 カテゴリーに分かれていて、それに関連する各ユーザーのレポートが表示される。 複数人が共有するものだから人気のものにはそれに比例してストックが増えたりブックマークが増えたりとメリットだらけだ。 ユーザー登録してみて初めて知ったのが、QiitaとGithubで連携できたのだった。 今たけけんがWordpressを使っているのも簡単にマークダウンができるからであって、できればPHPの管理が必要ではない環境のほうが運用していくリスクも少なくていいと思うさ。 利用できるけれど自分では管理しなくていい環境がこれからももっと増えていくのだろうさ。 そりゃいいさ。 でも、自分で管理していく道を選んだのでまだまだ続けますよ。 はてなのコミュニティに入りたいとか、Qiitaのコミュニティに入りたいとかあったけれど、まぁいいや。 著名人や芸能人が執筆しているBLOGOSやアメブロ、企業が運営しているハートビーツのインフラエンジニアWayやさくらインターネットのさくらのナレッジやDMM.comラボのツチノコブログ、GMO Conohaのキャラクター美雲このはのブログだったりと、さまざまな形式のコンテンツが増えてきているのだ! そもそもVPSなりサーバーなりをレンタルして自分でアウトプットしているなんて方がレアだろう。 もちろん自宅サーバーを構築して・・・、以下同文。いや、こっちは極レアかね。 そんなこんなで、自分自身にとってどういうスタンスが一番パワースピードテクニックが得られるのだろうか、その辺は流行に流されずにしっかり見極めたいものだ。  

元の鞘

  1日使って何やってたんだ〜って全くため息がでちゃうぜぃ。 ここ数日はWin8とLinuxのメインとサブのPCの座を入れ替えようプロジェクトPart2を着々と進めていたのだけれど、結局は元に戻す結果になったしまった…orz PCは元に戻ってしまったけれど、Linuxがメイン機種扱いっていう事は変わっておらず、WindowsはOS再インストールしたナウな状態で、Avastとグラボの最新ドライバしか入れただけです。 ProEdtionじゃないのでRDPも使えないので、必要なときだけポチっと起動するってのも億劫です。逆にWindowsを土台としてUbuntuにRDPってのも考えたけれど、Unityがまだ未対応なのでアウアウ。 このままだと高価なゲーム機になりそうな予感な悪寒もしながら、ゲームは最近やっていないってことを考えると、気ままな夜のオブジェになりそうだ。   そもそも、入れ替えを中止にした一番大きな理由は仮想環境でのWindowsが予想以上にっていうか、妙に重い!!Macの感想でBootcampやVirtualBoxでそれなりに使えているって記事を見ていたので、割りと動くのではと期待していたので、そのモッサリ感にガッカリ。モッサリガッカリ。 何故かリソースグラフと一致していないようなモッサリ感。 おまけにSilverlightもちゃんと動かないわ、アプリの動作検証も上手くいかなくて、もうやだやだ! ライセンス認証すればモッサリが改善されるのかどうかも不明で、もし改善されないとするとモッサリなまま使うのは苦痛でしかないし。また戻す必要があると考えるとライセンス認証を何回もするのも何だか気が引ける。 ここ数日間をUbuntuオンリーで過ごしてみて、特に大きな問題もなかったし、しばらくはいいかなぁ〜。 と簡単にまとめるとこんな感じです。 元の鞘とつけましたが、i3のPCは検証用に好き勝手にイジれる用途に置いておきたいなぁと小さな希望を思っているので、やっぱりやっぱりMacminiでも買おうかなと。 ごくたま〜に部屋の模様替えが無性にしたくなる時がありますが、それがPCで起こったというと分かりやすいかな。 うーん、第3者からすると本当にどうでもいい話だなぁww まぁいいや。 あとからちょっち追記 後からWin8Proを持っていたことを思い出して(現サブPCにインストールされていたWin8)、Windowsが余っているのは勿体なさすぎなので、アップグレードすることにしますた。 PCが入れ替わるので電話認証を行って無事にアップグレードが完了! これで、黄金郷への扉が開かれたのだー!と思った のだが、Silver light がRDPを外部への送信とみなしてしまい再生できない。 ズガーン orz  

Ubuntuのインストールで嵌ったった

  現在メイン機をWIndowsからUbuntuへ変更している途中なのだが、UbuntuServerをインストールしたあとのOSの起動で嵌ったところがあったのでメモっておこうと思います。 PCは自作機です。 OSインストールに関しては、少し前にやっていたので、パーティショナーがとても使いにくいという点を除いてはとくに問題ねっすな。 起動しねぇって問題が起こったのですが、Grubも立ち上がらず、たぶんハードウェアだろうなと予測できたので、基本に忠実にいくとまずは外せる周辺機器は全部外してみましたが、起動せず。 あと気になっていたintel rapid strage で組んでいたミラーリング、正解はこっちでした。 Intel rapid strageってのは、RaidカードがなくてもマザボでRaidが組めるよという多分比較的新しい機能だったかなと。UbuntuにしたんでOS側でソフトウェアRAIDにするという手もありましたが、ミラーリングよりも容量が欲しいなぁと思っていたので、もうミラーリングは解除して1TBのHDD2台をそのまま使うことにしました。パーティショニングはLVMで2台セットにしたのですが、後から思えばHDD2台分けたようにしておけば良かったなぁ… もうやっちまったし、またセットアップするのも面倒なのでまあいいやと進めちゃいました。 書き起こして見ると、とくにまとめる必要も無かったかなと思えますねw 後やることと言えば 1.Desktop環境のインストール これがまた何がインストールされてどうなってってのがとても分かりにくい。サーバー用途にするにはとんでもない感じですね。 2.Tweekのインストール カスタマイズできるアプリで、定番のツール。昔流行った窓の手みたいなものですかね。 3.MOZCのインストール Anthyでもいいんですけど、変換がちょっと使い辛いので変更しちゃいます。 4.バックアップからのコピー WIndows機に置いていた必要なデータをサブ機のUbuntuにコピーしていたので、Ubuntuの必要なファイルと一緒にメイン機のUbuntuへデータコピーをします。 5.Ubuntuの環境いろいろ Rubyだったり、Chefだったり、色々ですな。 FirefoxとかGUI環境も整えます。 そんなとこでしょうか。 WIndowsじゃないと困る部分が動画と音楽くらいなので、だいたい移行しても問題なさげなんですよね。なのでしばらくUbuntuですが、Macになるとまるまる移行できそう。 使ってて気になる所があったら、またメモっていきたいと思います。 自作機にMacOSをインストールできたらいいのですが、それだともはやMacじゃないですからのお。  

来年の抱負というか目標

  WordPressのテーマの更新が流れてきましたが、子テーマの実装をいまだにやっていないのでテーマの更新が非常に億劫でげす。 そういえばntpの脆弱性がまた発掘されたようで、どうもntp関連の記事へのアクセスも多少増えているようですね。以前扱ったのはmonlistの話で、今回のことには触れていないし、新しく日記にも書いていないので参考にはならないはずですが、調べる人が多いってのはいい事だと思います。 前回はDDoSに利用されるようなケースでしたが、今回はサーバーが乗っ取られるしまうようなケースのようで、愉快犯だったりしない場合はやたら滅多にサーチするという事はないかな?って気もしますが、実際問題どうでしょうかね。 うちのサーバーは開けてあるサービスにマッチングしないアクセスは全部エラーを吐くようにしているので、ここ数日間の123番ポートに対するアクセスがどのくらいだったのかを見てみたのですが、それほど来ていないようでした。 Mysqlの3306番が297回だったので、175回はそれほど多くはないはずです。wordpressのwp-loginやxmlrpcには数千、数万と来る時は来ますからね。 ただ内容がクリティカルなので、用心するにこしたことはないっす。   さて、来年の目標ですが、ずばり月間1万PVを目指したいです。 いいネタがやりたい。スキルアップに繋げたい。面白いことがしたい。という事を実践していく上での結果を数値化したものに近いと考えていて、うちの記事の内容は自己満足が大部分を占めていますが、それでも(多分)いい記事にはアクセスがあるので、PV数ってのはある意味では色々なパワーを数値化したものに近いのではと。 月間で1万PVというとそんなに多くはないのですが、現状の月間PV数もその目標にそこそこ近いところまで迫っているのですが、その数%に高い壁があるのです。 しかも最近やや右下がり傾向にあるのでちょっとドキドキします。 では、どうやれば実現できるかをちょっと考えてみますか。 うむむ、年末企画らしくていいですねー。 1.すごいプログラム すごいプログラムって何やねんって思いますが、恐らく2番目以降にあげる予定のいずれのものよりもアクセスは見込めるはずです。 すごいプログラムはすごいプログラムですよ。 問題は書けるかどうかで。 宝くじも買わないと当たらないですし、プログラムも書かないと生まれないわけです。書く!という事をしていけばいつかはすごいものが出来るかもしれません。 実現度 1% 2.初心者向けに詳細に書かれた素晴らしいYMCAHow to おそらくこれが一番できそうな事ですが、一番実現は難しく、なぜならめんどくさいからです。 丁寧に書けば書くほどめんどくさくなり、適当にすればするほどアクセスは見込めなくなってしまうし、自分で後から見た時にもなんじゃこりゃとなっていまう諸刃の剣なのです。 趣味でやる上でたけけんが最も苦手とする部分です。 実現度 10% 3.やたらめったと宣伝しまくる 最も気をつけている事ととして炎上というものがあります。長く続けたいですしね。 炎上しそうなことは書いていないはずですが、宣伝しまくるということはそういったリスクも高まる訳です。 やはり実力に伴った右上がりの曲線を描いていきたいものです。 実現度 0% 4.SEO対策 今のところ興味ないっす。 実現度 1% 5.そんなことよりおなかがすいたよ 選択肢といえばこれですよね。 腹が減っては戦はできぬと言いますし、日本は食文化には色々と厳しいですし。うま味っていうのは日本独特のものだそうですね。他にも風鈴の音を聞いて涼しく感じるのも日本の特有のものだそうですよ。 実現度 ∞% まあ、そんな感じです。 今日ノートPCを見てきましたが、13インチもわりと大きいのでびっくりしました。 何だかもやもやした内容になっていますね。   ねんまつ!といえば。というと特にすることは掃除だったり年越しソバくらいで、クリスマスでもなければタンタンと過ごすイベントが多く。年始といえば。初詣とか、お年玉を上げたりとか。イメージ的にはパーッ!とした感じですね。 で、初詣の話なのですが、ここ数年間は初詣もお墓参りもずーっと同じ願い事をしていたのですが、お守りだけは一昨年と去年だけ趣向を変えて縁結びのお守りを買っていたのです。振り返ってみると効果があったようで。とくに信心深いというわけではないですが、来年からは例年通りの願い事に戻して。となりそうです。  

Load average 5000だと!?

最近はRubyやRailsやら新しい事を始めた影響で日記の更新が滞っているので、ちょっと小ネタを挟もうかと思います。 Rubyのプログラムになかなか慣れないままなので、拾ってきたベンチマークのプログラムをいろいろと弄っていたらロードアベレージだけが高くなって、レスポンスは変わらないという状態に。 プログラムのせいなのか、Rubyのせいなのか、H/Wのせいなのか。 どこまでいくのかなーと放置していたら、なんと1000を超えた!? top – 00:37:25 up 52 min,  2 users,  load average: 1124.24, 696.17, 310.12 Tasks: 1324 total, 1217 running, 107 sleeping,   0 stopped,   0 zombie %Cpu(s): 99.8 us,  0.2 sy,  0.0 ni,  0.0 id,  0.0 wa,  0.0 hi,  0.0 si,  0.0 st KiB Mem:   3958272 total,  3811968 used,   146304 free,    24292 buffers KiB Swap:  4104188 total,        0 used,  4104188 free.   136864 cached Mem たけけんはまだまだ経験が浅いのですが、こんなに高いロードアベレージは初めて見ます。 と言っても、ターミナルからのレスポンスはまだまだ余裕ですね。 ロードアベレージが高い≠ユーザーが感じる負荷というなかなか奥深さを感じる状態です。 この時点でのvmstatはこんな感じで、CPU待ちだけが高い状態です。 procs ———–memory———- —swap– —–io—- -system– ——cpu—–  r  b   swpd   free   buff  cache   si   so    bi    bo   in   cs us sy id wa st 1007  0      0 765644  24272 136852    0    0     0     0 1049 1430 100  0  0  0  0 […]

人は変わってしまうのか という気がした日

おれはサービス業生まれ、CS育ち コピペしてそうな奴ら大体友達 こんばんわ、たけけんです。 昔はよくやってた冒頭の挨拶ですが、久しぶりにやってみました。 有名なフレーズですね。   まぁ大層なタイトルを付けておりますが、大した理由は全くなく、昔はミステリーやホラーが大好き!なありがちな若造だったのが、その辺にはまったく手を出さずに大衆文学なら何でもOK! みたいになっていて、時代小説やファンタジーものの小説なんて全くだったのに、読んでみるとこれがまたおもろい。物語性が高い話が好物だ。ってただの読まず嫌いだった可能性はあるけれど、何だか!自分も!変わっちゃったな!!とぼんやりと感じたのがきっかけなんです。 ラノベも最近になって手をだしたのだ(Dアニメストアの影響がでかいな)。 テレビゲームをやらなくなった分(とくにRPG)、小説や映画やアニメでその辺りを補っているのなぁ。とも思ったりなんかして。 あんまりに赤裸々に書いちゃうと恥ずかしいので書かないし、書きたくないし。そもそもたけけんって2次元キャラであって、書いてる人とはあんまり関係なかったはずなんで。っていうかできるだけそうしたいと思っていたはずなんで。 それでもこんな事を書いてる自分は寂しがりやなのかと思ったり。 だいぶ前から思っていた事だけれど、うすうすうすうす、0.02ミリくらい気づいていたかもしれない事だけれど、ブログを長く続けれる人は寂しがりやなのだろうとか思ったり。 昔はネタが豊富にあったとはいえ、異常に更新してた時もあったり・・・。 まぁそんな感じだったり。 ただ、よくよく考えてみれば、ジャングルジムやブランコとかで遊び続けたりはしないように、小学生から中学生、中学生から高校生になった時でもそういう変化は必ずあったもののはずなので、入学式だとか入社式だとかそんな”節目”のようなイベントがないから、そういった変化に単純に疎くなってしまっていただけかもしか。 てなわけで、とくにオチなんてないのだけれど、前回までハートビートの検証をしていて”落ちない”サーバーを作っていた事だし、今回は”落ちない”話という事でござんす。 ばいばいきーん。