さくらの6rdやってみる 補足

後編の補足になるので、せっかく来られた方はこっちの
さくらの6rdやってみるの前編からどうぞ。

全く普通に話しを進めてしまっていますが、さくらの6rdは、さくらインターネットの管理権限のあるサービスだけで利用可能なものなので、ご注意下さいな。
自宅鯖で試してもまた違う手段が必要なので、お気をつけて。

んで、家からPING6が通らないって事ですが、参考サイトで紹介しているIPアドレスに打ってみて試せばいいじゃーん、PINGが通ればたけけんのサーバー側でIP6TABLESの見直しが必要だし、無理だったらプロバイダのIPv6サービス受けろや!って事だ。

ということでやってみた。

まずIPv4のアドレスへPING送信

C:\>ping 59.106.69.119
59.106.69.119 に ping を送信しています 32 バイトのデータ:
59.106.69.119 からの応答: バイト数 =32 時間 =15ms TTL=51
59.106.69.119 からの応答: バイト数 =32 時間 =15ms TTL=51
59.106.69.119 からの応答: バイト数 =32 時間 =15ms TTL=51
59.106.69.119 の ping 統計:
    パケット数: 送信 = 3、受信 = 3、損失 = 0 (0% の損失)

全く問題なかった、このIPv6へPING送信、でや。

C:\>ping 2001:e41:3b6a:4577::1
2001:e41:3b6a:4577::1 に ping を送信しています 32 バイトのデータ:
要求がタイムアウトしました。
2001:e41:3b6a:4577::1 の ping 統計:
    パケット数: 送信 = 1、受信 = 0、損失 = 1 (100% の損失)、

駄目だった、クライアント側の問題のようだ。

自分のPC環境がIPv6に対応しているかどうかは、以前も紹介したことがあるとおり、あるのですが、逆にサーバ側の事を調べてくれる外部からIPv6のPINGサービスはないものかw

カーネルも入れ替えたし、VPSで参考サイトの通りにコマンドを叩くと、問題ないようだからできてるんだろうな~とは思うのですが、やはり実際に通信を見てみたいというもの。

その為だけに、フレッツIPv6の契約をするのもなぁ・・・。

とりあえず、補足って事で終わりやっしゃー。

 

 

Similar Posts:


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *