いつもより強い刺激に会いに行く

人間にとって必要なものは勇気刺激だ。

お金とか栄養とか睡眠とかは必要不可欠なものなので除外だ。

久しぶりにPC関連、サーバー関連の本でも買おうかなーと。SoftwareDesignも職場で読めるようになったので買わなくなってしまったけれど、職場ではじっくり読まないので、結局、読まなくなってしまった!これはいかん!!

最近ブログを書くネタもなけりゃ、モチベーションも上がってこないのは、やはり刺激がないからだと思うので、いつもより強い刺激に会うために俺は旅に出た。

もちろんスト2のあのセリフのパロである。

旅と言っても、ジュンク堂か紀伊国屋にしか行かないんだがね。
一人飯を食って、TSUTAYAに行って、本屋に寄って帰るという一本道ルートだ。
一本道と言っても4駅~分くらいは歩くのでわりと時間はかかる。
電車を使うときもあれば、自転車を使うときもあったり、ひたすら歩く時もあったり、気分しだいな大雑把なザッパーな訳ですが、何らかの理由がないと行動に移せなかったりするのでその辺はちょっと女々しくて女々しくて。別につらくはない。

ぼちぼちHaswell君も1歳になる頃ですが、当時はゲームもやるかなぁと思ってそれなり(個人的にね)のスペックにしたのだけれど、ゲームもやらなくなってしまったので、インターネットとターミナルソフトと音楽ソフトしか使わない。
だもんで、省エネなPCを新調しようかとも思っていたので、最近の動向を知るためにもDos/V PowerReportも買ってみた。
むむむ~、なかなか色々なネタがあっておもしろい。

ただインターネットとターミナルしか使わないのでっとなると、最近だとタブレットという選択肢もあるんだよね。費用を考えても、タブレットという選択肢は毎回セミファイナルくらいに食い込んでくる。

設置場所や電気代を考えると、いくら省エネPCを組んだとしても、さっとパッと使えるタブレットに勝てる要素がなかなかない。このままだとファイナルも持っていかれる。

タブレットに買っているところは、単純にPCを組みたいという欲求だけだったりする。
ああ、優勝してしまう。

うーむ。
このままだとらちがあかないので、また今度考えよう。

 

ところで、冒頭に出てきた勇気刺激という言葉だけれど、それが無かったらわたし死んじゃう!ってこともないのだけれど、この3つが上手く絡み合っているときは、人間ってエネルギッシュな人生を送れているのではないかと思う。エネルギッシュナイトだ。
さっき考えた言葉だから、完全に後付けだ。

昔より娯楽が増えたとはいえ、やっぱり変な薬が流行ったり、おかしな方向に刺激を求めてしまっている事がこの世の中は多いらしい。

これはたとえ話だけれど、わりと良い考え方、方法だと思うのでちょっと聞いてみてほしい。
サーバーが好きなら、もちろんおすすめはサーバー関連の検証作業とかプログラミングだ。

たとえば、何かを検証すると、新しい発見をしたり知ってた事だけれど以前とは違った事に気づいたりする事がよくある。そのときノルアドレナリンやドーパミンといった脳内物質の分泌が高まるらしい。高まる~!!というやつだ。多分。
頭の中がパーっとか、サーっていう経験をしたことがあったら多分、それ。

でもって、その検証結果をもってホッとしたり安心感を得たり、新しい知識を得た事で満足感があったとすると、エンドルフィンが分泌されるらしい。これは誰でも何となくわかるかな。
イライラした時に甘いものを食べると頭がスーッとするのが多分、それ。
そしてまた知識欲が産まれるし、それが続いていくと心にも体にも良いサイクルが出来上がればいいなと。

冗談みたいな話だけれど、多分ほんとの話。

人間そんなに単純じゃないし、なんかやる気でないなぁなんて事も絶対あると思うけど、そんな時の為に気分転換できる術をもっておくのも大事だし。

耳たぶをぐいっと捻れば脳内麻薬のコントロールができるようなキャラが居たような気がするけれど、普通は出来ないので、まずはそういう事を意識した行動ができれば色々な意味で良いと思う。いろいろな事に理論づけて動いたり考えたりすれば、逆に変なものに嵌らないという事にも繋がるんじゃないかと思う。

ただあまりに意識しすぎていると、運命の出会いをしていてても、これはノルアドレナリンとドーパミンのバランスが一時的に崩れているだけだ!恋なんて一種の病気だ。などと供述しており、婚期を逃してしまう事になるかもしれないので要注意だ。

何事もほどほどに。

ということで、勇気刺激だけが友達のたけけんでした。

 

Similar Posts:


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *