純粋というのはインスピレーションのみで感情や思考も気にしないことかもしれない

ども、たけけんです。

最近は占星術に続いてタロットブームが来てまして、このブログについても読んでみたんですが、「表と裏」、「白と黒」のような2つのものに別れていることはいずれ悲しみを招くと出ました。
最初はブログの中身がインフラ関連とそれ以外になっている事かな?と思ったんですが、そもそも日記だったのでランチトークとか、よく分からない話も入ってるし違うかなーと、、w
んでトータルでカードを読んでみると多分匿名であることなのかなと。

ただ匿名は最大の防御ってことで、占星術関連を書いてたときもこのまま匿名で続けて行こうと思ってたんですが、実は夏頃にもある事で口にするべきって出てたんですよね。

では今日のネタ。

純粋というのはインスピレーションのみで感情や思考も気にしないことかもしれないということですが、厳密にはこの辺の科学に詳しくないとハッキリとは分からないし、もしかしたら一般的な科学とは間違ったことを書いてるかもしれないというのは念頭において。

一般的な認識になるのか分かりませんがGoogleさんに聞いてみた感じ、シンプルに書くとインスピレーション=感情。という感じで書かれていたりします。が、ときにはインスピレーションで浮かんだ事柄が感情的はすごい複雑に絡みついている場合もあります。

例えば、もしこの事柄が起こるとあの事柄に影響してしまう場合とか。
一見するとこれは思考しているように見えますが、あの事柄というのが自分が良いと思っていることであれば、良いものを壊す可能性があったり、そもそも感情がブロックしているものという場合もあります。

またこういう感じの幾つかの事柄がまとまったもので事柄とか、まとまりのある全体として認識してしまうのをゲシュタルトというらしくちゃんとした学問であるようです。
事柄A、B、Cという3つの事柄がインスピレーションで1つの事柄としてまとまった一つとして認識された場合とかですかね。

よって感情 > 思考ということになり、この場合、最初のインスピレーションは感情を上回ってることになります。

逆にデシュタルトによって、本来まったく関係ないはず事柄がインスピレーションで思いついた事柄かのような錯覚も起こり得ると思うのでそのへんの判断はすごく難しいとは思うのです。

というので今日の前振りにもあったタロットですが、タロットでは感情も思考もインスピレーションも同じレイヤーなので、読み解いた答えが、感情も思考も置いてインスピレーションを優先するという答えが出たりします。インスピレーションだけを追いかけることがホントの純粋なものなのかなーとタロットを見ていておもいました。はい。

感情も思考も置いてインスピレーションを追いかけるって難しいですけどね;
スピリチュアル的にはそこにチューニングを合わせるとか言うみたいです。

感情や思考も置いてっていうと人間味がないような感じてしまいそうですが、その人の世界を形作っている感情や思考は常にグルグル回っているのでまったくそんな事はないはずだと思うのです。

 

Similar Posts:


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *