自分と向き合うことと考え方の癖

ども、たけけんです。

自分ではなかなか気付かない、気付けないもので他の人に言われて初めてやっと気付くことがあったりしますがそんな話です。

たとえば何かについて考える時に、根本的なところから考える必要があるのにもかかわらず、自分の体験や経験、そこから派生した何かをベースにしてしまったりして、その部分から考えることをスタートしてしまうゆえに辿り着くべきところに辿りつかないということがあったりします。

わたしは2018年の始め頃にカラダにガタがきたのか耳がおかしくなっちゃいました。
素晴らしい職場なので、色々と協力もあってそれほどひどくならずにある程度まで回復することができました。それでそのことがきっかけになって自分と向き合うということを始めてみたのですが、自分では気付かないうちに仕事をベースに考えをスタートしていた。ということに気付けたのも夏頃で、8ヶ月間ほど向き合えてたのかどうなのか微妙なそんな感じでした。
個人的には仕事ではうまくいっているし自信もあったし、大丈夫、自分ともうまく向き合えていると思っていたんですが、うまくいっている事が逆に思考の癖を作ってしまってた感じですね。

カウンセラー的な方達と春、夏、秋とお会いしたりして、いろいろ話しをしていたのですが、夏頃に仕事抜きで考えてみてくださいーと言われるまで、その自分の思考癖に気付いてなかったんですね。そういう心のブロックって、わたしは仕事でしたが、他にもお金だったり、家族だったり、恋人だったり、その他にも、これはこうあるべきという自分のポリシーとかもあてはまるケースがあるかもしれないです。難しいところは大切にするべき信念というのもあると思うから、すべてにおいて当て嵌まるものではないというところですかね。

今でこそ分かることですが、2015年か16年あたりからサインが出ていたような気もするので、何か気になることがあれば、すぐにしっかりと自分を見てあげるのがいいかもしれません。

自分と向き合うというのも、世の中シンプルなことほど難しいと言いますが、ニュートラルな状態で自分の状態とか、どうしたいのかとか、自分の好きな事とかを、自分を大事にして考える時間を作る感じかなと思います。
その中でも自分を大事にしてっていうのが意外と大事だと思います。
ある人からは2018年は先行投資的な感じで、2019年はもっと自分と向き合うことになるとまで言われて、いやそんなアホなとか思ってましたけど、実際そんな感じになってましたね。

最近のブログにも少しだけ書きましたけど、それから色々考えてみたり、行動してみたりしてようやく今はどうしたいのかとかもわかるようになってきましたし、夏と秋にお会いした方に言われたことも聞いた当時はいまいち理解できてなかったんですが、それから3ヶ月ほど経過して意味が理解できてきた感じです。
時間が経ってから分かってくることもあるんですね。
今年まだ2月なんでこれからやるべきこともあるだろうし、楽しく行きたいですね。自分についての理解度が全然違うのでもう大丈夫でしょう。と思いたい。

言いたい事はというと、カラダに異常がでてしまったら速攻で病院に行った方がいいよってことが1点と、もう1点はなんかおかしいなと思ったら自分と向き合う時間をじっくりじっくりとってみるのもいいかもしれないよという話でした。

 

Similar Posts:

    None Found


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *