さくらのスタンダードサーバーにRailsをインストールしてみる。


2019年11月10日追記
現行のレンタルサーバーで記事をリメイクしてみたのでよかったらこちらもどうぞ
さくらのレンタルサーバーにRailsを入れてブログを作ってみた

2014/11/23追記
新仕様ではlibV8とJavascript runtimeの問題が勃発していましたが、Node.jsをつかってRoot権限なしでもRailsが使えることが確認できました。
さくらのレンサバにRails libv8とJava script runtimeの問題が解決できた

突然Railsのインストールの話ですが、こないだの日記でおすすめした雑誌で、Web+DB PRESSの『Webサービス開発徹底攻略』を読んでて、インフラの話はすごくおもしろく読めるんだけど、Webの部分が正直ほとんどわからんので、クックパッドの話でも出てきていたRailsを入れてみようと思った。

なんでさくらのレンタルサーバーのスタンダードなんだって事だけど、Rubyが入っていればrootなしでもインストールできるらしいので、SSDとかIODRIVEとかがさらに流行ってきて、レンタルサーバーでもSSD当たり前~な時代がくれば、お金をかけれないとこでも、rootがない手頃なレンタルサーバーを使って開発環境が手軽に作れるじゃんという風に思ったので。
だが~SSDプランにはお試し期間がないのでスタンダードサーバーなのだ。

内容はほぼ参考サイトの情報をかき集めたものでしゅ~。
参考サイト
nyon2.net さくらインターネットにRuby on Railsをインストール
JAMぱん さくらインターネットでRuby on Railsする
さくらインターネットで、gem install すると「chown/chgrp: Operation not permitted 」と叱られる件の対応
がんちゃんのブログ さくらのレンタルサーバーにRuby on Rails 2.0.2をインストールする方法
asanono日記 InstantRailsの悪夢
RubyForge http://rubyforge.org/
ふにょい日記 さくらの共有サーバーにRubyGemsを入れてRuby/DBIを入れた時のメモ
Projeto: Vermelho さくらインターネットにRMagickインストールでerror code 71
tester7の日記 Railsを始めて一番最初にハマったこと

山ほど参考にしてます。
参考の参考だけどたけけんには大いに勉強になりまする。
とりあえず今のサーバーのrubyのバージョンを見るとこから。

%ruby --version
ruby 1.8.7 (2012-10-12 patchlevel 371) [i386-freebsd7]

参考サイトを見ながらサクサクとやってみる~っというのが失敗のもとだったのですけど、とりあえず流れも一緒に進めてみます。

%ftp http://rubyforge.org/frs/download.php/35283/rubygems-1.1.1.tgz
100% |***************************************************|   413 KB  175.15 KB/s    00:00 ETA
423308 bytes retrieved in 00:02 (175.15 KB/s)
%ruby setup.rb --prefix=$HOME
RubyGems 1.8.25 installed
mkdir -p /home/user/lib
mkdir -p /home/user/bin
mkdir -p /home/user/lib/rbconfig
mkdir -p /home/user/lib/rubygems
mkdir -p /home/user/lib/rubygems/commands

RubyGems installed the following executables:
/home/user/bin/gem18

インストール先を指定したり、とりあえずインストールするあたりは問題なくうまく行くのだけど。

%source $HOME/.cshrc
%rehash
%gem18 --version
1.1.1

railsを入れようとしてもエラーが出るのだ。

ERROR: While executing gem ... (Gem::RemoteSourceException)
HTTP Response 302 fetching http://gems.rubyforge.org/yaml

バージョンが古いのがダメだったみたいで、railsのインストールができないのだ。
新しいgemを入れる。
三浦マイルドじゃないが、検証作業すんなり終わったことなー!

まだまだ続きます。

%tar zxf rubygems-1.8.25.tgz
%cd rubygems-1.8.25
%ruby setup.rb --prefix=$HOME
RubyGems 1.8.25 installed
== 1.8.25/ 2013-01-24

%gem18 --version
1.8.25
%gem18 install rails --include-dependencies
INFO:  <code>gem install -y</code> is now default and will be removed
INFO:  use --ignore-dependencies to install only the gems you list

%gem18 install rails
Successfully installed rails-3.2.12

%rehash
%rails --version
Rails 3.2.12

インストールはこれでうまくいった、ふんふん。
と思うだろうが、うまく行かないのだ。
バージョンが新しすぎて参考サイトの参考ができないので、たけけんのスキルでは厳しい。
ただ当然指定してインストールすると古いものでもインストールできる。

%gem18 install rails -y -v 2.2.3
INFO:  <code>gem install -y</code> is now default and will be removed
INFO:  use --ignore-dependencies to install only the gems you list
Fetching: activesupport-2.2.3.gem (100%)
Fetching: activerecord-2.2.3.gem (100%)
Fetching: actionpack-2.2.3.gem (100%)
Fetching: actionmailer-2.2.3.gem (100%)
Fetching: activeresource-2.2.3.gem (100%)
Fetching: rails-2.2.3.gem (100%)
Successfully installed activesupport-2.2.3
Successfully installed activerecord-2.2.3
Successfully installed actionpack-2.2.3
Successfully installed actionmailer-2.2.3
Successfully installed activeresource-2.2.3
Successfully installed rails-2.2.3
%rehash
%rails --version
Rails 2.2.3

Railsのインストールはこれで終わりになるけど、ファイルの作成ができないみたいなので、流石にこのままでは終われない。
うまくいかなかった原因は何度もインストールしてしまったからのようだ。

%rails test
/home/myaccount/lib/ruby/gem/gems/rails-2.2.3/bin/../lib/rails_generator/options.rb:32:in <code>default_options&#039;: undefined method </code>write_inheritable_attribute' for Rails::Generator::Base:Class (NoMethodError)
from /home/myaccount/lib/ruby/gem/gems/rails-2.2.3/bin/../lib/rails_generator/base.rb:90
from /home/myaccount/lib/rubygems/custom_require.rb:36:in `gem_original_require'
from /home/myaccount/lib/rubygems/custom_require.rb:36:in `require'
from /home/myaccount/lib/ruby/gem/gems/rails-2.2.3/bin/../lib/rails_generator.rb:34
from /home/myaccount/lib/rubygems/custom_require.rb:36:in `gem_original_require'
from /home/myaccount/lib/rubygems/custom_require.rb:36:in `require'
from /home/myaccount/lib/ruby/gem/gems/rails-2.2.3/bin/rails:13
from /home/myaccount/lib/ruby/gem/bin/rails:23:in `load'
from /home/myaccount/lib/ruby/gem/bin/rails:23

こんな感じで作成ができないんですわ。
削除するとうまくいくようなので、サクっちゃうぞー!

%gem18 uninstall actionmailer actionpack activerecord activeresource activesupport rack rails

Select gem to uninstall:
1. actionmailer-2.2.3
2. actionmailer-3.2.12
3. All versions
&gt; 3
Removing rails
Successfully uninstalled rails-2.2.3
Successfully uninstalled rails-3.2.12

この辺は適当にやってみたけど、上手くいった。

%rails test
create
create  app/controllers
create  app/helpers
~~~~~省略~~~~~~~
create  public/javascripts/controls.js
create  log/test.log

できた~
あとはコピペになっちゃうので、割愛します。
たけけんがインストールしたバージョンではpublic/.htaccessはREADMEからコピーするようで、
.htaccessとconfig/environment.rbの設定をしたら、www内にシンボリックリンクを張って終わりです!


久しぶりだと、何か疲れたなあ。

というのも実はイデオンを見ながら書いてるのだ。
めちゃくちゃ古いアニメなんですけど、割と大人向けの内容だったりする。
ほんとはガンダムユニコーンを1話から見る予定だったんですけど、イデオンの1話を見たら止まらなくなってしまった(笑)

Railsの方はインストールが終わっただけで、あとはデータベースを作ったりとかいろいろありますが、とりあえずここまででいいかな。
続きはまた今度やってみます。

SSDプランを使ってRailsを作ってしまえばサーバーの保守運用は要らないくなるので、かなりコスト削減できるんじゃないかな~と思ったりするんですけど、開発環境ってそういうことじゃないなのかな?

 

あ、あとですね。コンタクトフォームやコメント欄から問い合わを貰ってますが、諸事情があって返事が遅れてます、すいません。

Similar Posts:


2 thoughts on “さくらのスタンダードサーバーにRailsをインストールしてみる。

  1. Pingback: さくらのスタンダードにRailsインストール | blend

  2. Pingback: さくらのスタンダードにRailsインストール | blend

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *