さくらのレンタルサーバ ライトプランにWordPressを入れてみた

ちまたで噂のSQLiteにWordpressを入れてみました。っていうかプラグインがあるので、インストールじたいは全然むずかしくはないのだけど、ちょっと裏技が必要だった。

ちなみに出来上がったサイトはここ

SQLiteでつかまえて

3/8追記 ↑のサーバーはすでに解約してますお。

タイトルの元ネタは某フリーソフト。

いたづらはやめてね。

ってことでインストール手順だけど、必要なものは

PDO というプラグインと2.9.2-jaのWordpress本体です。

WordPressの新しいやつからインストールするとエラーになります。
パーミッションを変えたりといろいろやってるみたいですが、この方法が一番すんなりいくし、パーミッション777にする必要はないから安全かなと。
すぐにアップグレードしたらいいしね。

では。

まずはWordpress本体とプラグインのアップロードですが、ファイルマネージャからはサイズがでかくで出来ないので、FFFTPとかFILEZILAでやります。

アップできたら、ファイルマネージャ上で解凍して、出てきたdb.phpとpdoフォルダをwp-contentに移動させます。
databaseというフォルダはあとからできるやつです。

sqwp001

続いてはwp-config-sample.phpをリネームだね。これはいつものWordpressのインストール作業。

sqwp002

そして http://*****.sakura.ne.jp/wordpress/wp-admin/install.php へGOGO。

普通にインストールしましょう。

sqwp009

できました。それでは最新の3.8.1にアップグレードします。

テーマも変えようかな。

sqwp008

うまくいきました。

 

ふぅ・・・

じつはついさっきまでMongoDBにインストールしようと頑張ってたんだけど、余裕の敗北だったので、SQLITEに逃げました。

何が言いたいかというと、検証のためにはいいかもしれないけど、まあ400円くらい高くてもいいじゃないかと。
SQLITEなんで、プラグインを使うとおそらくいろいろ不具合が出てくるはずです。 たぶん・・
更新されてないプラグインが分からないのはWordpressの脆弱性だと思ってるんですが、プラグインなんかはMySQLの動作前提で作ってるプログラムだと思うので、どんな脆弱性があるか分かったもんじゃないのです。
でも以外と軽いので、けっこうおどろいたー。

うむ。

 

Similar Posts:


One thought on “さくらのレンタルサーバ ライトプランにWordPressを入れてみた

  1. Pingback: phpのみ使えるレンタルサーバーにwordpress | goro

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *