負荷分散について ぼやき編

今回の記事は初心者たけけんのぼやきです、突っ込みどころ満載だと思いますけど、あくまで自分用のメモという事で堪忍して下さい。
突っ込みたい人はぜひ突っ込んでください。

 

メニューバーに「わたし」 というパッと見なんだか分からないリンクがありますが、じつは自己紹介のページになっています。
んでその中に今後の予定ネタで、リバースプロキシというものが書いてあります。

プロキシサーバってのは有名ですよね、そう代理サーバー。

 

この代理サーバーはクライアント側、リクエストする側のキャッシュ機能を使ったものですが、鏡に映した感じをイメージをすると分かりやすいかもしれませんが、サーバー側のプロキシサーバーがリバースプロキシになります。

クライアントから見た感じを説明すると、リバースプロキシサーバーの後ろにサーバーが数台あって、負荷を分散する形になります。
ですが最近気付いた、というか、気付かされたことがありました。
何かと言うとサーバーに対する入り口が1つじゃないかという事に……。

 

専用線なら文句ないでしょうけど、共有回線だと受けてとなるサーバーが多い方が絶対よくね? という事で単純にリバースプロキシサーバーを複数にすればさらに分散されますが、それって何か効率悪くねー?
どう考えても以前にやったDNSラウンドロビンの方がいいじゃないか……って思いますよね、ね?思わない?

となると。

 

以前、時代の流れはDNSラウンドロビンではなく、apacheの機能を使ったものになるという言葉を見て、そのapacheの機能のことをリバースプロキシの事だとすっかり思い込んでいた訳ですが。
もしかしてそこからずれていたのではないかと思ったわけです。

 

DNSラウンドロビン以外の方法だと、ロードバランサとかファイアウォールとかお高い機器を使う方法があります。
多分名前はほとんどの人が聞いた事あると思います、他にも各サーバーにエージェントモジュールというのをインストールして分散する方法もあるとか。
全て具体的にはなんじゃらほいっていう感じですよね、共通点は負荷分散というキーワードだけで、1つ1つが一晩語りつくせる機器な訳ですよ。
たけけんは知りませんけどね、受け売りってやつです。

ここでレイヤー何とか言い出すとキリがない(わからないとも言う)のでそのうち調べていこうかな。

 

という事でメモ終わり。

やっぱり東京には行けないのでライブレポでも待つか。

 

7月15日 追記

DNSラウンドロビンは分散先サーバーの障害検知ができないって自分で書いてるじゃないか、確かにこれだとナウなネットワークには不適合だわ。

ロードバランサーならびにファイアウォールが一般的なのでせうか。

 

昨日レンサバのウェブをぶらぶらしてたら、カゴヤジャパンでクラウドブースターというものを発見した、マネージドのオプションで、ソフトウェアの処理で一時的な負荷分散をしているみたい。
トラフィックブースターでは回線の増強もできるようです。

レンサバ各社のウェブを回ってみるだけで新しい発見がある、ぶらぶらしてみるのもおもしろいですね。

 

 

Similar Posts:


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *