muninのインターフェースがちょっとかっこよくなっていた。


こんばんわ、たけけんです。

サーバー移行に伴って、さくらのネームサーバーのレコード情報の変更をしましたが、TTLをいじってなかったので、今日の夕方頃からようやくメールもドバドバっとこっち側のサーバーに入ってきました。

完全に移動が終わるのももうじきでしょうけど、元々1台で運用していたサーバーが、平野綾のラジオが聞きたいという邪念からわざわざ2台で運用することになり、そしてまた1台に戻り、CPUの性能もあがって、ストレージもSSDになってパワーアップしているという、ピッコロさんみたいな状況になってます。

OSも念願のCentOS6になりました。

 

さてさて本題のMuninですが、前回もYumで今回もYumで入れたんですが、YumのUpdateでは変わらなかったので、おそらくCentOS6からのはずでしょ。
デフォルトで色々と変わっているようで、サイドバーが表示されるようになっていたり、Critical、Warning、Unknown という3つの項目が増えていました。

munin03

こんな感じでそれぞれにアクセスできて、すぐに見れるようになっています。
グラフも前より見やすくなったような気がしますな、なんとなくですが。

今はApacheだけで、リバースプロキシも使ってない状態ですが、やはりSSD効果でかなり快適ですなあ!

今後はサーバーへのテストを色々とじっくりやっていこう~!
こないだも同じことを書いた気がする、気のせいかな(笑)

 

Similar Posts:


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *