見よう見まねでVyattaでRIPのテストをしてみた。

今回からはルーティング第1弾ということで

スタティックなルーティングではなくて、ダイナミックにルーティングしてくれるプロトコルで、参考書の一番最初に出てくるようなシンプルな動きをするRIPのテストを試してみたナウ。

SPECー天ーの栗山千明みたいな言い方になってるが気にするな。

とにかく見よう見まねで、コマンドはTAB補完で出てこなかったのでとりあえず適当にやってみたけど、動いたので記事にしてみる。

Vyattaの初期設定とEtherNetの設定は省略する。
ただVMwareの設定は外につながっているVyatta1サーバーのeth0だけはCTUと直接つながっている。
よってSSHを起動させて、Windowsからターミナルで接続可能にした。

設定はこんな感じで、参考サイトとかなり似ているが多少違うところは注意が必要。

vyatta1
set protocols rip redistribute connected
set protocols rip network 192.168.20.0/24

vyatta2
set protocols rip redistribute connected
set protocols rip network 192.168.20.2/24
set protocols rip network 192.168.22.2/24

vyatta3
set protocols rip redistribute connected
set protocols rip network 192.168.20.3/24
set protocols rip network 192.168.22.3/24

vyatta4
set protocols rip redistribute connected
set protocols rip network 192.168.22.4/24

今までの知識からするとVyatta1からVyatta4へはNATの設定をしないと、別のネットワークの192.168.22.4とは通信できないはずだけど、RIPの設定をすると通信ができた。
これがルーティングというやつか。
実際に見て見るとおもしろい。

今回はちゃんと図を作った。

net01

 

動作確認という事で、vyatta1からvyatta4へPINGを打ち続けて、Vyatta2を停止してみた。
見せてもらおうか、動的なRIPの性能とやらを。

vyatta@vyatta:~$ ping 192.168.22.4  
PING 192.168.22.4 (192.168.22.4) 56(84) bytes of data.
64 bytes from 192.168.22.4: icmp_req=1 ttl=63 time=0.546 ms
64 bytes from 192.168.22.4: icmp_req=2 ttl=63 time=0.820 ms
64 bytes from 192.168.22.4: icmp_req=3 ttl=63 time=0.833 ms
64 bytes from 192.168.22.4: icmp_req=4 ttl=63 time=0.517 ms

~~省略~~

64 bytes from 192.168.22.4: icmp_req=23 ttl=63 time=0.779 ms
64 bytes from 192.168.22.4: icmp_req=24 ttl=63 time=0.856 ms
64 bytes from 192.168.22.4: icmp_req=222 ttl=63 time=0.487 ms
64 bytes from 192.168.22.4: icmp_req=223 ttl=63 time=0.597 ms
64 bytes from 192.168.22.4: icmp_req=224 ttl=63 time=0.451 ms
64 bytes from 192.168.22.4: icmp_req=225 ttl=63 time=0.443 ms
64 bytes from 192.168.22.4: icmp_req=226 ttl=63 time=0.467 ms
64 bytes from 192.168.22.4: icmp_req=227 ttl=63 time=0.618 ms

~~省略~~

64 bytes from 192.168.22.4: icmp_req=237 ttl=63 time=0.448 ms
64 bytes from 192.168.22.4: icmp_req=238 ttl=63 time=0.424 ms
64 bytes from 192.168.22.4: icmp_req=239 ttl=63 time=0.418 ms

^C
--- 192.168.22.4 ping statistics ---
262 packets transmitted, 65 received, 75% packet loss, time 261054ms
rtt min/avg/max/mdev = 0.357/0.589/1.093/0.183 ms

思ってたよりも通信断が長くてちょっと焦ったけど、無事にvyatta4へのPINGが再開された。
OSPFだとさらに設定が可能なようなので、おもしろそうだ。

っていうかスタティックなルーティングから勉強した方がよかったかなーと終わってから思ったけど、やってしまったものは仕方がない。
勉強はCCNAの試験までにやればいいし、おもしろそうだから先にOSPFをやろう。

 

参考サイト
aaabbb_200904の日記 vyattaでRIPを試してみた

 

Similar Posts:


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *