自宅サーバー購入に向けて~インストールサーバーを作るの巻 弐

Debianのks.cfgを作る

CentOSでは難なく??終わったのだが、DebianとなるとちょっとGoogle師匠でもスッと回答ができないらしい。
つうかこれだけGoogleが浸透してたらGoogleの検索する資格とかできそうだなあw

DebだとPreceed.cfgに対応しているらしい。のだが、ここは直感でいきます。

何故かって?理由はそうしたいからw

とりあえずDebianでksファイルができないか探してみると、Ubuntuであればなんとsystem-config-kickstartが使えるようになるみたい。
なんだ、できるんじゃないか。

ってことで進めていく。

参考サイト
Lindqvist – a blog about Linux and Science. Mostly.
428. system-config-kickstart on debian

参考サイトのままだと、Dependencies and preparation のとこでもうアウト。見つからないで進めない。
インストールできたのはこれだけ。

apt-get install build-essential debhelper python-central rarian-compat pkg-config gnome-doc-utils samba  python-glade2 console-setup hwdata python-apt

試しにむりやり進んだけど、無理だった。

あ、結局は不要だけどdpkg-buildpackage -uc -usをやりたいなら、下のを入れたらできるようになりました。

aptitude install dpkg-dev

つうことで、もう無理かと思いきや、ググってみたら必要なdebパッケージがすでにあるので、そちらをDLした。
必要なのは以下。wgetで普通に落とせます。

パッケージ: system-config-kickstart (2.5.20-0ubuntu22)
パッケージ: localechooser-data (2.12ubuntu3)

インストールから起動まではターミナルからの応答をダイジェストで載せます。たぶん文章より分かりやすいと思うので。

# dpkg -i system-config-kickstart_2.5.20-0ubuntu22_all.deb 
(データベースを読み込んでいます ... 現在 136126 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
system-config-kickstart 2.5.20-0ubuntu22 を (system-config-kickstart_2.5.20-0ubuntu22_all.deb で) 置換するための準備をしています ...
system-config-kickstart を展開し、置換しています...
dpkg: 依存関係の問題により system-config-kickstart の設定ができません:
 system-config-kickstart は以下に依存 (depends) します: isoquery ...しかし:
  パッケージ isoquery はまだインストールされていません。
 system-config-kickstart は以下に依存 (depends) します: localechooser-data (>= 2.03ubuntu1) ...しかし:
  パッケージ localechooser-data はまだインストールされていません。
# dpkg -i isoquery_1.4-1_all.deb 
以前に未選択のパッケージ isoquery を選択しています。
(データベースを読み込んでいます ... 現在 136126 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
(isoquery_1.4-1_all.deb から) isoquery を展開しています...
dpkg: 依存関係の問題により isoquery の設定ができません:
 isoquery は以下に依存 (depends) します: python-lxml ...しかし:
  パッケージ python-lxml はまだインストールされていません。
# aptitude install python-lxml
以下の新規パッケージがインストールされます:
  python-lxml 
以下の、インストールが完了していないパッケージが設定されます:
  isoquery system-config-kickstart{b} 
更新: 0 個、新規インストール: 1 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
アーカイブ 1,234 k バイト中 0  バイトを取得する必要があります。展開後に 3,821 k バイトのディスク領域が新たに消費されます。
以下のパッケージには満たされていない依存関係があります:
 system-config-kickstart : 依存: localechooser-data (>= 2.03ubuntu1)[仮想パッケージです]
以下のアクションでこれらの依存関係の問題は解決されます:

     以下のパッケージを削除する:
1)     system-config-kickstart  

この解決方法を受け入れますか? [Y/n/q/?]
以下の新規パッケージがインストールされます:
  python-lxml 
以下のパッケージが削除されます:
  system-config-kickstart{a} 
以下の、インストールが完了していないパッケージが設定されます:
  isoquery 
更新: 0 個、新規インストール: 1 個、削除: 1 個、保留: 0 個。
アーカイブ 1,234 k バイト中 0  バイトを取得する必要があります。展開後に 2,166 k バイトのディスク領域が新たに消費されます。
先に進みますか? [Y/n/?] 
(データベースを読み込んでいます ... 現在 136159 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
system-config-kickstart を削除しています ...
dpkg: 警告: system-config-kickstart の削除中、ディレクトリ '/usr/share/system-config-kickstart' が空でないため削除できませんでした
man-db のトリガを処理しています ...
hicolor-icon-theme のトリガを処理しています ...
desktop-file-utils のトリガを処理しています ...
gnome-menus のトリガを処理しています ...
以前に未選択のパッケージ python-lxml を選択しています。
(データベースを読み込んでいます ... 現在 136070 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
(.../python-lxml_2.3.2-1_amd64.deb から) python-lxml を展開しています...
python-lxml (2.3.2-1) を設定しています ...
isoquery (1.4-1) を設定しています ...
python-support のトリガを処理しています ...
                                         
現在の状態: 依存関係破損が 0 個 [-2], 新規が 1 個 [-1]。
# dpkg -i isoquery_1.4-1_all.deb 
(データベースを読み込んでいます ... 現在 136236 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
isoquery 1.4-1 を (isoquery_1.4-1_all.deb で) 置換するための準備をしています ...
isoquery を展開し、置換しています...
isoquery (1.4-1) を設定しています ...
python-support のトリガを処理しています ...
man-db のトリガを処理しています ...
# dpkg -i localechooser-data_2.12ubuntu3_all.deb 
以前に未選択のパッケージ localechooser-data を選択しています。
(データベースを読み込んでいます ... 現在 136325 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
(localechooser-data_2.12ubuntu3_all.deb から) localechooser-data を展開しています...
localechooser-data (2.12ubuntu3) を設定しています ...
# dpkg -i system-config-kickstart_2.5.20-0ubuntu22_all.deb 
(データベースを読み込んでいます ... 現在 136333 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
system-config-kickstart 2.5.20-0ubuntu22 を (system-config-kickstart_2.5.20-0ubuntu22_all.deb で) 置換するための準備をしています ...
system-config-kickstart を展開し、置換しています...
system-config-kickstart (2.5.20-0ubuntu22) を設定しています ...
desktop-file-utils のトリガを処理しています ...
gnome-menus のトリガを処理しています ...
hicolor-icon-theme のトリガを処理しています ...
man-db のトリガを処理しています ...

さあ、これで参考サイトに戻ります。

Edit line 46 in /usr/share/system-config-kickstart/packageGroupList.py

availparse = apt_pkg.TagFile(availfile)

     46         availparse = apt_pkg.ParseTagFile(availfile) ← 削除かコメントアウト
               availparse = apt_pkg.TagFile(availfile) ← 入力
# sed -i 's/ParseTagFile/TagFile/g' /usr/share/system-config-kickstart/*.py
# sed -i 's/availparse.Step/availparse.step/g' /usr/share/system-config-kickstart/*.py
# sed -i 's/availparse.Section/availparse.section/g' /usr/share/system-config-kickstart/*.py

これで完了です。あとはVMに戻ってコンソールからsystem-config-kickstartで実行します。

kick07

まだcfgファイルを作ってないのであれですがw
ひとまずここまでで完了します。

次の作業はインストールサーバーでブート画面でOSを選択できるようにすることと、イメージとcfgのコピーだな。

うまくいくのだろうか。

 

Similar Posts:


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *