ブロードキャストドリーム


さてみなさん。GWはいかがお過ごしでしょうか。

まずはTCPのエコーサーバーとクライアント、続いてUDPでのエコーサーバーとクライアントと進みまして、そのまま進むとTCPのエコーサーバーでfork、thread、selectとなるのですが、その辺はひとまずメインディッシュにして先に進もうと思います。
こないだ作ったウェブサーバーにMIXできればいいですね。

シグナルのとこはちょっとあいまいなままですが、5章の後半にびゅーんと一気に進みます。

TCP/IP Socket in C の前からですが、ずーっと1対1の通信ですたね。
これはユニキャストと言うて、ユニはラテン語で1を指すらしい単語らしいです。
なんで1だけラテン語なんでしょうか。

今回はブロードキャストをやってみますですが、ブロードキャストというと全体に送信するよ~という事くらいしか知らなかったですが、本の解説で書いてあったのだが、転送レートが3Mbpsとしてユニキャストで1Mbpsで送信すると3ユーザーしかサポートできないけど、ブロードキャストやマルチキャストを使って、コピーをネットワークに任せる事で、クライアントへの送信を1Mbpsのストリームで済むという解説がしてあって、にゃるほどなあと思いました。

それと同時にですが、ストリームからストームへっていう言葉のチョイスを思い出して、車田正美さんは時代を先取りしていたんだなぁと・・・ゴゴゴ。

 

それでは、今回の試みですが、今回は本のサンプルコードを使って、サーバー側からストリームな感じを体験しようと思います。

ブロードキャストにも2種類あって、有名な255.255.255.255はローカルブロードキャストアドレス、もう1個は特定のネットワーク内にたいする送信で、ダイレクトブロードキャストアドレスといいます。

画像がちょと見づらいかもですが、一番下が送信者、2番目がレシーバーです。なんですが、ブロードキャストで送信しているので、ネットワーク内の端末すべてが受信している確認です。
分かりやすくしようと思って、連打してますが余計分かりづらくなったかも・・・

まずはダイレクトブロードキャスト、うちのLANは192.168.24.0の/24になっているので、192.168.24.255です。

broadtest

ローカルセグメントの192.168.24.以下にいってるのが分かりますな。

続いてローカルブロードキャスト。なんだかどっちか間違いそうなネーミングだね。

broadtest2

こんな感じです。一緒じゃん!

サブネットでネットワークを分けての実験はやってないんだな。これが。
手抜きでごめんなさい。

ちなみにブロードキャストストームを扱った記事はこちらになります。

STPの実験をしようとしてもできなかったのだが、何かが起きたのでSTPを有効にしてみたら解決した。

偶然ブロードキャストストームが発生してしまった例になります。

 

てな感じで今回は終わりです。タイトルには意味がないですが、夢がひろがりんぐみたいな感じで、なんとなく語呂がよかったんでタイトルにしてみました。

ばいばいきーん。

 

Similar Posts:


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *