Docker って、何かね?

最近というよりもわりと前からかもしれないけど、IT関連の雑誌やウェブでやたらとDockerというやつを目にするようになってる。

@ITのいまさら聞けないDocker入門をチラ見して、仮想化技術の1つ何だなって事くらいしか知らないので、ちょっと調べてみようかと。
Firefoxの次のネタフォルダが画面に入りきらなくなってきているので、整理も兼ねての作業なのだ。
まずは概要だけ先に調べておいて、実際に試すのはまた後日。

 

 

Dockerってどっかで聞いた事あるなぁと思ってたんだけど、たぶんマクロス7かな。
日記のネタとしては、KVMはわりとやってたんだけども、KVMがハイパーバイザー型と呼ばれているのに対して、Dockerはコンテナー型と呼ばれるらしい。
コンテナーというと、何かの取引をしたり、女の子を助けたりするところに出てくるアレだ。

コンテナー型には、FreeBSDのJail、OpenVZなどがあるようだ。

OpenVZはだいぶ前に各ホスティング業者の仮想化について調べたときにKAGOYAのVPSがOpenVZだったのは覚えてた。

 

VPNを通してインターネット編 最終

上の日記はのものですが(だいぶ前だなぁ・・・)、その時はKVMの方が自由度が高くOpenVPNをやるにはKVMが良かったので、OpenVZはスルーしてました。
昔の日記を読み返すと、OSレベルの仮想化という事らしいが・・・。

 

Dockerの何がいいのかという事だけど、どうもDevOpsにマッチするらしい。

DevOpsというのは、開発と運用が互いに理解しあえるインフラの新たなる革新
他にも、DevOpsCustom、量産型DevOps、NT専用DevOpsもあるとかないとか。

 

分かると思うけど、ほとんど冗談だよ。

イメージすると、環境が簡単に作りやすい、動かしやすいのではないかな??と思った。

 

それよりも驚いたのはDockerは、Google社が作ったものらしいGo言語でできてるという事と、Linuxカーネルの機能やLinux向けファイルシステムに依存するため
Linuxでのみ動作 らしい

 

って事で、次回はDockerを実際にさわってみようと思います。

 

Similar Posts:


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *