LAMPのA

こんばんわん。

日記を開設した当初は、ランチについてって回もあり、ランチがひとつの楽しみと言える程の意気込みでしたが、あれから時は経ちまして・・

最近は夜のビールにお金をかける為に、お昼ご飯はかなり節約してました。
安さってだけでカップ麺が続いてたのですがダイエッターとしてちょっと気合を入れて弁当の材料を休日に買い込み。

今日は弁当を作って出勤~(* ̄∇ ̄*)

という気持ちは良かったんですが、家を出るのが遅くなってしまい電車通勤、節約になってないぞー!

そんなこんなで、今晩は久しぶりにモルツ500を購入。
うまいんだなこれが(o⌒∇⌒o)/

どころじゃなく
ぶはわああぁぁ!って感じ。

とろけるおいしさです。

 

そろそろ本題に入ろうぞ、LAMPのAです。
AはApacheのAです。

インストールから走馬灯のように

# yum -y install httpd
ですよね、簡単です。

ひそかにsuしてますw え?
いじるポイントは

ServerTokens Prod apcheのバージョンを表示させるかどうか。
Prod、major、minorとかありますが、詳しくはApacheのマニュアルを参照してくださいな。
NameVirtualHost *:80 バーチャルホストの設定もやっちゃう予定なので、ここも有効にする。
 Options Includes ExecCGI FollowSymLinks CGI,SSIの許可
AllowOverride All .htaccessの許可
AddHandler cgi-script .cgi .pl CGIスクリプトに.plを追加
こんなとこか。

ln -s /usr/bin/perl /usr/local/bin/perl リンクを貼る、好みになる?

そしてバーチャルホストの設定、あくまで一例として見て下さいな

<VirtualHost *:80>
    ServerName any
    <Location />
        Order deny,allow
        Deny from all
    </Location>
</VirtualHost>
指定してないホストは403エラーが返ります。

<VirtualHost *:80>
    ServerName test.pcsp.info
    DocumentRoot /var/www/html/test
    ErrorLog logs/test.pcsp_log
    CustomLog logs/test.pcsp_log combined env=!no_log
</VirtualHost>

<VirtualHost *:80>
    ServerName www.pcsp.info
    DocumentRoot /var/www/html/www
    ErrorLog logs/www.pcsp_log
    CustomLog logs/www.pcsp_log combined env=!no_log
</VirtualHost>

<VirtualHost *:80>
    ServerName omake.pcsp.info
    DocumentRoot /var/www/html/omake
    ErrorLog logs/omake.pcsp_log
    CustomLog logs/omake.pcsp_log combined env=!no_log
</VirtualHost>

Apacheの設定はとりあえず終わりでこれで起動はできて、webチューニングとかは、また次やる。

これだけだと、インターネット上には反映されない、いやされてるか。
今日の仕上げにドメインの設定だぬ。
pcsp.infoのゾーンの設定はバリュードメインでやる。
なので勿論ネームサーバーはバリュードメインのを使う、楽だ。
バリュードメインはデフォでネームサーバーが5つ入るのだけど、これ全部動いてるのか?まあ、いいか。
ゾーン編集は、ゾーン編集ができるページの下側にいくつか設定例を載せてあるので、それに合わせれば問題ない。

DNS浸透が完了して、上で作ったURL、3つともそれぞれのウェブページの内容が表示されてるのを確認して完了なりー、IPアドレスは同じだからDNSはそのままだお。

日記の内容が過去の繰り返しになってますが、ネタ切れじゃないからねw
若干レベルアップしていますw

Similar Posts:


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *