Apacheの雄叫び

前回に引き続きApacheについてですが。

Apacheのhttpd.confを、ざーっと見ているのですが、長い!
長いのですが、それぞれの項目については、Apache.orgで調べれてしまえば、とりあえずの意味は分かります。
分かりますが、どこをどうすれば、どうなるのか、良くなるのかならんのか
ということは全くのわからんちんのとっちめちん。

車のセッティングみたいに、バランスが大事なんだろうか?
それとも?

まぁまぁ、全くどうしようもないって事もなく、手がかりとなるのが
abというコマンドのようだ。
とりあえず、試しにやってみた。
$ ab -n 1000 -c 10 http://vincentina.net/ でお試し。
-nがリクエスト数で、-cが同時接続数です。
10同時接続して、1000リクエストするって事か。
結果はこんな感じになった。
Requests per second:    13.78 [#/sec] (mean)
Time per request:       725.589 [ms] (mean)
Time per request:       72.559 [ms] (mean, across all concurrent requests)
Transfer rate:          3.89 [Kbytes/sec] received
問題ないようだ。

続いて、接続数をあげてみる
$ ab -n 1000 -c 50 http://vincentina.net/ 
Benchmarking vincentina.net (be patient)
Completed 500 requests
^C
Complete requests:      549
Failed requests:        0
Write errors:           0
Requests per second:    1.54 [#/sec] (mean)
Time per request:       32447.326 [ms] (mean)
Time per request:       648.947 [ms] (mean, across all concurrent requests)
Transfer rate:          0.43 [Kbytes/sec] received
同時接続50だとちょっときついようだが、Failedは無し。
セッティングは問題ないのだろうか、CPUがひーひー言ってるのか。

レスポンスが、かなり鈍くなったので500でタオル投入。
とは、言うても、そんな過酷な環境になることはまず無いだろう。
って事でOKか。

勉強になったのかどうかよく分からん。

次回はM、今回は80年代が多いな。
となりで笑ってたかった~

Similar Posts:


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *