CentOS6のパワー

おっちぇ、昨日の続きになります。

予言していたかのように、もう1台のVPSにはCentOS6.2がインストール済みでありました、なので早速LAMP環境を作りWordpressをさっくりとインストールする、インストーラーのようにスムーズに完了。

まずCPUINFOから結果、上がこの日記のサーバーでCentOS5、下が同じスペックのVPSでCentOS6を入れてたサーバーです。

fpu de pse tsc msr pae mce cx8 apic sep mtrr pge 
mca cmov pat pse36 clflush mmx fxsr sse sse2 syscall nx lm 
constant_tsc pni ssse3 lahf_lm
fpu de pse tsc msr pae mce cx8 apic mtrr pge 
mca cmov pat pse36 clflush mmx fxsr sse sse2 syscall nx lm 
constant_tsc unfair_spinlock pni ssse3 hypervisor lahf_lm

ええ、違いましたとも、今まで気付いてなかったのさ。

そしておまちかねのApacheBenchの結果、ババーンと表示

Requests per second:    1421.28 [#/sec] (mean)

CentOS5では確か16が出て喜んでたような気がするww
びっくりだが4桁までいった、MPMを必死でいじるよりOSの再インストールをした方が良かったようだ。
正直、何が違うのかさっぱり分からん。

とりま、ちゃんとたけけんの日記のデータをインポートした後の数値である。

明日からはCentOS6に絞ってMPMの設定をやろうと思う。
もちろんローカル環境でやりますとも。

いったいどうなってしまうのか!?

Similar Posts:


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *