CentOS6.2でUnixbench リベンジ編

以前さくらのVPS512プランにCentOS6.2を入れてUnixbenchをしましたが、このブログのサーバーにあたるさくらのVPS512プランCentOS5.8よりも、何故か低かったという結果に終わりました。メモリが少ないからだろうって事で納得してましたけど、こないだ試したApachebenchの結果でかなりの差があったので、なんとな~くUnixbenchをもう1度やろうと思ったのでもっかいやってみた話。これをリベンジというのが合ってるのかはなんだかわからないんだけど。バトル漫画系みたいな感じか。

今度は自宅のVMware環境のCentOS6.2も交えてやってみた。

結果

Intel(R) Core(TM)2 Duo CPU     T7700  @ 2.40GHz
仮想2コア 512MB
CentOS5.8
System Benchmarks Index Score  1417.5
Intel(R) Core(TM)2 Duo CPU     T7700  @ 2.40GHz
仮想2コア 512MB
CentOS6.2
System Benchmarks Index Score   1489.8
Intel(R) Core(TM) i3-2100 CPU @ 3.10GHz
仮想2コア 1GB
CentOS6.2
System Benchmarks Index Score 2062.1

リベンジできました。

細かいことは言わないでくだたい。

Similar Posts:


Author: Takeken

インターネット利用者のITリテラシーを向上したいという設定の2次元キャラです。 サーバー弄りからプログラミングまで手を付けた自称エッセイストなたけけんの物語。

Leave a Reply

Your email address will not be published.