DNSを元に戻した

元にという言い方で合ってるか分からないが、VPSでプライマリネームサーバを動かしていたけど、管理の都合上いっぺん元に戻すことにした。

今まではずっと
プライマリネームサーバー:VPS
セカンダリネームサーバー:さくらインターネットのネームサーバー
という状態でした、とりあえずこのままでは戻せないので、一旦バリュードメインのネームサーバーに戻す、勿論先にゾーンは作っておく、バリュードメインの場合はログインメニューのDNS設定というところでレコードを編集できる、設定画面の下側に記述方法を何通りか紹介しているので、それを調べて手打ちする。

プライマリネームサーバー:バリュードメインのネームサーバー
セカンダリネームサーバー:バリュードメインのネームサーバー
という状態になった事を確認して、すぐにさくらインターネットのネームサーバーにゾーンを作る、さくらインターネットの場合は会員メニューのドメインメニューという所で設定する。
まずはセカンダリとして使う設定を削除してから、3つあった内の1番上にあったIPアドレスを入れたら基本的なゾーンは作ってくれるシステムがあったのでこれを使う、SPFれこが1つあったのでこれは手打ち。

終わったら
プライマリネームサーバー;さくらインターネットのネームサーバー
セカンダリネームサーバー;さくらインターネットのネームサーバー
に設定する、このドメインに設定してるネームサーバーって何て呼ぶんでしょうね、疑問の一つになっています。

最後にもっかいWHOISを見て、確認して終わり。

何度かアクセスを試したところ、心なしがアクセスが早くなった気がする。

VPSへの負担が減った事と、VPSで作ったネームサーバーよりもさくらインターネットのネームサーバーのレスポンスが早いのだろう。
バリュードメインのネームサーバーにした時も同じく、VPSがプライマリネームサーバーだった時よりもレスポンスは良かった。

このままサラッと終わりかったが、最後にBINDをSTOPというカワイイミスをしてからNAMEDをSTOPした。

負担を減らしつつ、何か新しいことをやってみようと思う。

Similar Posts:


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *