KVM+ScientificLinux Virsh-installした時のエラーたち

朝にブログ更新して途中で寝てたけど、ずっとエラーでやっと1個作れたw

とりあえず先に大量にあるエラー集的なものを載せといた方が、出来上がりはこれですっていう3分クッキングな内容になってしまうのは防げるかと思うw

時系列で載せます。

すっごい間抜けなものもあるw

ERROR    ソケットの '/var/run/libvirt/libvirt-sock' への接続に失敗しました: 
そのようなファイルやディレクトリはありません

解決策:libvirtdを起動してなかった。ふはは。

 

libvirtd デーモンを起動中: 2013-09-17 05:07:33.210+0000: 20731: info : 
libvirt version: 0.10.2, package: 18.el6_4.5 (Scientific Linux, 2013-05-16-11:21:40, sl6.fnal.gov)
2013-09-17 05:07:33.210+0000: 20731: warning : virGetHostname:2265 : 
getaddrinfo failed for 'take': 名前またはサービスが不明です

解決策:/etc/hostsにホスト名を書くとでなくなるよ。

 

ERROR    Host does not support virtualization type 'hvm' 
ERROR    Host does not support any virtualization options

解決策:yumでqemu-kvmをインストールした。
※ソースからビルドした時は、qemu-system-x86_64でVM作成していたけど、多分qemu-kvmコマンドがないからこんなおかしなエラーになってる。一番つまったとこ。

 

Starting install...
ERROR    internal error Process exited while reading console log output: 
char device redirected to /dev/pts/1
open /dev/kvm: Permission denied
failed to initialize KVM: Operation not permitted
No accelerator found!
Starting install...
ERROR    内部エラー console ログ出力の読み込み中にプロセスが終了しました: 
char device redirected to /dev/pts/1
open /dev/kvm: Permission denied
failed to initialize KVM: Operation not permitted
No accelerator found!

解決策?:所有者をkvm:kvmにする。
これはちょっと微妙。

 

Starting install...
ERROR    内部エラー console ログ出力の読み込み中にプロセスが終了しました: 
char device redirected to /dev/pts/1
qemu-kvm: -drive file=/root/vm03.img,if=none,id=drive-ide0-0-0,format=raw,cache=none: 
could not open disk image /root/vm03.img: Permission denied

解決策:/var/lib/libvirt以下に作成することにした。

 

ERROR    内部エラー console ログ出力の読み込み中にプロセスが終了しました: 
char device redirected to /dev/pts/1
qemu-kvm: -drive file=/root/CentOS-6.4-x86_64-bin-DVD1.iso,if=none,media=cdrom,id=drive-ide0-1-0,
readonly=on,format=raw: could not open disk image /root/CentOS-6.4-x86_64-bin-DVD1.iso: Permission denied

解決策:イメージ置き場を/rootから/var/isoに変えた。

 

ERROR    OS variant 'centos6' does not exist in our dictionary for OS type 'linux'

解決策:–os-variant=centos6を消した。

 

ERROR    Cannot mix --file, --nonsparse, or --file-size with --disk options. 
Use --disk PATH[,size=SIZE][,sparse=yes|no]

解決策:–disk path か –file の内容がかぶってるからどっちかにする。

 

ERROR    Unknown argument '='

解決策:=の前にスペースつけるな。

 

ERROR    Error with storage parameters: The path '/var/lib/libvirt/images' 
must be a file or a device, not a directory

解決策:/var/lib/libvirt/imagesの後ろに名前をつけろ、そいつはディレクトリだ。

 

ERROR    'bridge:br0' においてインターフェースの MTU を取得できません: 
そのようなデバイスはありません

解決策:記述が違う。–network bridge=br0 でOK

 

WARNING  Unable to connect to graphical console: virt-viewer not installed. Please install the 'virt-viewer' package.
Domain installation still in progress. You can reconnect to 
the console to complete the installation process.

解決策:virt-viewerを入れたらでなくなったけど、別に使わない。なんだこれは。

 

Starting install...
割り当て中 'cents3'                                                                      | 1.0 GB     00:00     
ERROR    モニターから読み込みできません: 接続が相手からリセットされました

解決策:ばっかもーん、そいつがファイアーウォールだ。

 

Starting install...
ERROR    内部エラー モニターに接続中にプロセスが終了しました: char device redirected to /dev/pts/3
inet_listen_opts: bind(ipv4,0.0.0.0,5900): Address already in use
inet_listen_opts: FAILED
Starting install...
ERROR    内部エラー console ログ出力の読み込み中にプロセスが終了しました: char device redirected to /dev/pts/3
inet_listen_opts: bind(ipv4,127.0.0.1,5900): Address already in use

解決策:ホストサーバーのIPでListenすることにしたらうまくいけた。

 

Starting install...
ドメインを作成中...                                                                   |    0 B     00:00     
ディスプレイをオープンできません: 
Run 'virt-viewer --help' to see a full list of available command line options

解決策:ふははは、これは成功だ。

これで終わりです。

 

[root@take ~]# virsh list
 Id    名前                         状態
----------------------------------------------------
 10    test                           実行中
 11    centos                         実行中

ミスってできた接続できないVMたち。

[root@take ~]# virsh undefine test
ドメイン test の定義が削除されました

[root@take ~]# virsh undefine centos
ドメイン centos の定義が削除されました

ちゅどーん。

 

mozさんからコメントいただいて、確認してみたので少し追記しました -2015/04/21

>ERROR OS variant ‘centos6′ does not exist in our dictionary for OS type ‘linux’
>についてはcentos6という選択肢がないからですかね

というのも仰る通りで、SL6の場合も同じくRHELかなぁ。

takeken@takeken:~$ sudo virt-install --os-variant list | grep cent
takeken@takeken:~$
takeken@takeken:~$ sudo virt-install --os-variant list | grep 6
winxp64              : Microsoft Windows XP (x86_64)
freebsd6             : FreeBSD 6.x
netware6             : Novell Netware 6
fedora16             : Fedora 16
fedora6              : Fedora Core 6
rhel6                : Red Hat Enterprise Linux 6
virtio26             : Generic 2.6.25 or later kernel with virtio
generic26            : Generic 2.6.x kernel
  

最近はvirshな環境は使ってなかったので、テスト用にUbuntuサーバーに環境を用意しました。せっかくなのでメモを取って追記しておこう。

kvm install memo by ubuntu

インストールしたパッケージ面々

sudo apt-get install libvirt-bin virtinst  + 以下の提案パッケージ


以下の特別パッケージがインストールされます:
  augeas-lenses bridge-utils cgroup-lite ebtables libaugeas0
  libboost-thread1.54.0 libnetcf1 librados2 librbd1 libvirt0 libxen-4.4
  libxenstore3.0 libxml2-utils
提案パッケージ:
  augeas-doc augeas-tools qemu-kvm qemu radvd lvm2
以下のパッケージが新たにインストールされます:
  augeas-lenses bridge-utils cgroup-lite ebtables libaugeas0
  libboost-thread1.54.0 libnetcf1 librados2 librbd1 libvirt-bin libvirt0
  libxen-4.4 libxenstore3.0 libxml2-utils
  

xmlファイルを作ってvirsh createやりたかったところですが、今回もvirt-installにしました。

sudo virt-install \
--name=vm01 \
-connect=qemu:///system \
--ram=512 \
--vcpus=1 \
--cdrom /var/iso/CentOS-7-x86_64-DVD-1503-01.iso \
--os-type=linux --os-variant=rhel6 \
--disk path=/var/lib/libvirt/images/vm01,size=5,sparse=false,format=qcow2 \
--network bridge=virbr0 \
--vncport=50002 \
--vnclisten=192.168.24.58 \
--keymap=ja \
--vnc
  

virbr0を使ったのでホストサーバーのVNCでインストール・・・。

インストールの開始中...
割り当て中 'vm01'                                                            | 5.0 GB     00:00
ドメインを作成中...                                                       |    0 B     00:00
WARNING  グラフィカルコンソールに接続できません; virt-viewer がインストールされていません。'virt-viewer' パッケージをインストールしてください。
ゲスト OS のインストールが進行中です。
インストール処理を完了させるために、コンソールに再接続できます。
takeken@takeken:~$

takeken@takeken:~$ sudo virsh list --all
 Id    名前                         状態
----------------------------------------------------
 -     vm01                           シャットオフ
  

設定ファイルはここですね。

/etc/libvirt/qemu/vm01.xml

Centos7が出来上がりました。

takeken@takeken:~$ ssh -l root 192.168.122.3
The authenticity of host '192.168.122.3 (192.168.122.3)' can't be established.
ECDSA key fingerprint is 06:c2:ba:81:87:f2:34:46:a6:f6:1b:ac:4f:b7:ab:53.
Are you sure you want to continue connecting (yes/no)? yes
Warning: Permanently added '192.168.122.3' (ECDSA) to the list of known hosts.
root@192.168.122.3's password:
Last login: Tue Apr 21 11:09:13 2015


[root@cent7 ~]# uname -a
Linux cent7 3.10.0-229.el7.x86_64 #1 SMP Fri Mar 6 11:36:42 UTC 2015 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux


  

Centos7のインストールが終わってからRHEL6を選んだことに気づいた
(・_・;)

XMLを書き換えようかなと思ったらOS Typeがなかった。。

takeken@takeken:~$ sudo cat /etc/libvirt/qemu/vm01.xml | grep -A 4 "<os>"
  <os>
    <type arch='x86_64' machine='pc-i440fx-trusty'>hvm</type>
    <boot dev='hd'/>
  </os>
  <features>
 
完全な仮想化ゲストのオペレーティング・システム・バリアントを設定します

とありますが、何か良く分からないです。

Similar Posts:


2 thoughts on “KVM+ScientificLinux Virsh-installした時のエラーたち

  1. moz

    エラーメッセージを検索していたらたどり着きました&盛大に笑いました。

    ERROR OS variant ‘centos6’ does not exist in our dictionary for OS type ‘linux’
    についてはcentos6という選択肢がないからですかね、
    # virt-install –os-variant list
    と打つと、centos6という表示がきっとないと思います。

    その場合はrhel6を指定するといいのかもしれません。

    Reply
    1. たけけん Post author

      mozさん

      コメントありがとうございました!
      正直当時のことはあまり覚えていなくてすみません(^_^;)
      なので実際環境を作って確認したら、rhel6を選んでCentos7をインストールという訳のわからんことを
      してしまいました・・・。最近こういうのが多くて(泣)
      virsh や virt-install のコマンド郡はとても便利ですね。

      Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *