レンサバの負荷分散、ざっくりレポ

サクッとググってパパッと確認ができた所だけ、ズバッと取り上げた超適当なメモ。
もちろん順番もめちゃくちゃだよ。

以下、各ホスティング会社のリンク集

 

ラピッドサイトのVPS
DNSラウンドロビンで無料

ウィルネット
VPSの複数台構成、いろいろ
月にだいたい3,000円くらい

KDDIのCPI
共用と専用とL7のロードバランサー。
共用タイプで月18,900円

スカイアーチ
共用、専用、L4、L7のロードバランサーがある、共有で1IPで7,350円

エーティーリンク
共用と専用のロードバランサー
共用で月17,000円

ニフティクラウド
コンパネでロードバランサーの設定可能

GMOクラウド
ロードバランサーを使った構成例を紹介、Xenサーバー。
月額21,911円

プロックス
L4ロードバランサー、月額21,000円

マイティサーバー
ロードバランサー、月額7,875円

KAGOYA
専用サーバー、ロードバランサー月額52,500円

メディアウォーズ
ロードバランサー、料金は別途問い合わせ

ウェブアリーナ
共用ロードバランサー、別途IPの申し込みが必要
月額10,290円

ミライ
ロードバランサー、別途見積もり

GMOクラウド専用サーバー
アイルのロードバランサー、7,875円~

ザッと書き出してこんなとこだった、値段の比較ではなく分散の説明を見るためのリンクです。
パッと見はニフティクラウドが見やすかったかな。
こないだ紹介したKAGOYAのブースターも用途によっては一番いい場合もあろうかと。
XenとVMwareを土台にソフトウェアでバランシングもできるみたいですね。
Vyattaでは内から外向けのロードバランシングしかできないようです、ルータとファイアウォールとロードバランサーもできるのかと思ったけど、甘かったようだ。

ソフトウェア+ロードバランシングでググったら
Apache2.2 + mod_proxy_balancer
が出てきた。

Apacheの機能ってもしかしてこれかな。
設定をミスると世界的に危険な代物ってのはこれなのか。

 

Similar Posts:


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *