EC-CUBEインスコしてみた

※8月20日追記しました
こんばんわ。

突然ですが、さくらのスタンダードサーバーにEC-CUBEを入れてみた、理由は特にないですが、実はたけけんのサーバー日記の初期で、まだ普通のレンタルサーバーを使ってた頃に、1回だけEC-CUBEをインスコした事があったんですが、微妙に失敗に終わりました……。

 

で、今回はまぁスパッとまるっと華麗に完了した訳ですが、詰まったところは二ヶ所ありました。
……あるんですよね、これが。

 

まず一つ目がphpの記述、EC-CUBEのデフォルトで.htaccessにphpの記述があるので仕様上このままでは絶対完了できません、絶対なんて絶対ないんですが、こればっかりは絶対です。
.htaccess自体はテキストファイルに変えちゃいましょう。
mv .htaccess .htaccess.txt こんな感じで
ドットが付いたファイルはls -a とオプションを付けると見れます。

んで、サーバーコントロールパネル上にあるphp.iniに記述します。
.htaccessの記述のままではだめなので
[php.ini]
mbstring.language = Japanese
mbstring.encoding_translation = off
output_handler = NULL
session.auto_start = 0
mbstring.internal_encoding = UTF-8
upload_max_filesize = 5M
register_globals = off
magic_quotes_gpc = off
という感じに変えます。
コピーペーストじゃなくて違いを必ず見ましょう。
つーか、下に

htaccess に PHP_Flag や PHP_Value を指定せず、php.ini に設定してください。htaccess に記述した場合、Internal Server Error になります。

って書いてました、もちろん全部終わってから気づいた!

 

 

そして二つ目、EC-CUBEにはzipとtar.gzの2種類がありますが、zipをアップロードした場合、サーバーコントロールパネルにあるファイルマネージャーで解凍するとミスります。
何故かというと、パーミッションが原因なんですが、ファイルマネージャーで解凍するとなぜそうなるかは分からないので、さくらインターネットのサポートに聞いてくださいね。
ウィンドウズユーザーにはtar.gzは馴染みが薄いかもしれませんが、tar.gzの方をダウンロードしよう。

zipファイルでもtarコマンドで解凍すれば問題なく進めます。
%tar zxfv eccube-2.12.0こんな感じのやつね。

解凍してからアップロードなんてぬるい事はしちゃだめだよ、いや嘘です。
自由にしていいです。

ただターで上げて、解凍した方が早いし楽ですよ。

タージーゼットって何かかわいいですよね。

 

と、こんな感じでほにゃららsakura.ne.jpという初期ドメインではこれでEC-CUBEのインスコに進めば終わりですが、持ってるドメインの場合はまた注意がある訳ですよ。

まず最初にサーバーコントロールパネルに追加して浸透時間を待ちます。
digを連打してttlを眺めるなんて事はしないでくださいね。

終わったらサーバーコントロールパネルでパスの指定という所が、ドキュメントルートになっているので、ここをEC-CUBEのhtmlディレクトリのとこに合わせます。
んで必ず「ドメイン名でアクセスして」EC-CUBEのインスコをすればOKです。

ちょっと裏技を紹介します。

nslookupでは名前解決できるのに、ブラウザでアクセスできない!とイラついてるあなたへ。
nslookupではネームサーバーを指定して解決しますが、ブラウザはリゾルバを使って解決するそうで、リゾルバのキャッシュをクリアすれば、ブラウザでもすぐにアクセスできるようになります。
方法はコマンドプロンプトを出して
c:\>ipconfig /flushdns
DNSフラーーーーッシュって叫びながら上のコマンドを打てばOKです。

 

インスコの流れではなくて、注意点ばっかりの説明になってますが、たぶん実際にインスコをミスってから見たら分かると思うので、あくまでここは「参考程度」にしてインスコしちゃってください。

 

Similar Posts:


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *