続、CloudForecastを入れてみた

とくにエラーもないんだけど、グラフの描画がされないって事でrrttoolやらを疑ってみたものの、元々Muninは動いているのでこの線は薄いかなとあまり調べず。
気が向かなかったというか・・・
SNMPもちゃんと動いてるんだよね。

とりあえず逆の発想で別のものを新しく追加してみる

参考サイト
OSSリファレンス [CloudForecast]監視項目を追加する
ONISHIの開発日記 DBD::mysqlがインストールできない

MySQLの監視も追加してみたらグラフが出た
仮想サーバーなので、なんでやねんと突っ込みを入れることもできないし、basic.yamlが原因なのか何か分からんちんのとっちめちんや
ってことで、もう最初からやってみる事にした。

まずはVMwareを使ったローカル環境で試す。
同じ事をやっても仕方ないので、とりあえずCpanmもwgetを使わずに直に入れてから、CloudForecastのインストールも本家のサイトの方法で試した。

参考サイト
bounceHAMMAR cpanmを使ってPerlモジュールを入れる
blog.nomadscafe.jp CloudForecastっていうリソース監視のツール/フレームワーク作った

# cd /usr/local/bin
# curl -LO http://xrl.us/cpanm
# chmod +x ./cpanm

これでcpanmが使えるようになるので、前回の参考サイトのものもMIXしてインストールを最後まで終わらせる、なんと今回はとくにエラーもなく起動までいけた。
※必要なプログラムは既にyumで入れているよ。

$ git clone git://github.com/kazeburo/cloudforecast.git
$ cpanm -l extlib Module::Install
$ cd cloudforecast $ cpanm -l extlib --installdeps .

知識の乏しさから原因が分からないけど、今回はうまくいった。
VPSの方も同じ手順でやると動いてくれた。
まだまだだなあ。

とりあえず基本的なことは終わったので次にいこう。

ここからは番外編になりますが、いったんはPerlのバージョンを新しいのにしてみようと考えた時に見つけたんですが

参考サイト
ワタブログ 
最速でさくらスタンダードで Mojolicious::Lite アプリを動かす!

ユーザー権限しかないレンタルサーバーでも色々できるみたいですね。

Similar Posts:


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *