Linuxのカーネルの再構築をやってみた

LPICのレベル2ではLINUXカーネルについてレベル1よりも深いとこまで問われるのでカーネルの再構築を1回やっとこうと思います。
せっかくなので3系にしてみました。

参考サイト
LinuxMaster.jp
CentOS6.3をLinuxカーネル3.6にアップデートしてみました(カーネル再構築)

手順については参考サイトのままになります。

たけけんの仮想サーバーの環境は
CentOS release 6.4 (Final)
2.6.32-358.2.1.el6.x86_64
てな感じ。
最小構成インストールなので、インストールしたものは以下

yum -y install perl gcc make wget

レッツトライ。

cd /usr/local/src
wget wget http://www.kernel.org/pub/linux/kernel/v3.x/linux-3.6.tar.gz
zxf linux-3.6.tar.gz
cd linux-3.6
cp /boot/config-2.6.32-358.2.1.el6.x86_64 ./.config
make oldconfig

流れはLPICレベル2の教科書にもあるけど同じ流れでなので、参考書でも確認できます。
やはり実際やるのが自分には性にあってます。

はてさて、make oldconfigまでさくっと終わって良かったのですが。

make
make[2]: *** [fs/cramfs/inode.o] エラー 1
make[1]: *** [fs/cramfs] エラー 2
make: *** [fs] エラー 2

こんな感じでエラーが起こった。
エラー内容でググってみたけど参考になるものはなく、いろいろ調べたところdfコマンドで容量に空きがないことが分かったorz

仮想環境なのでHDDを増設してみたが、経緯は省きますが失敗しちゃいました。
ext3の環境も欲しかったし、OSインストールからやることにしました。

ここでまた問題が、出勤前に作業してたんですが、makeが終わらない!w
1時間くらいかかってやっと終わりました。
遅刻はしなくてすんだ。

帰宅後、最後の仕上げをやってます。

make modules_install
make install

完成しました。

ls -l /boot
System.map-3.6.0
initramfs-3.6.0.img
vmlinuz-3.6.0

OKだ。

view /etc/grub.conf
title CentOS (3.6.0)
root (hd0,0)        kernel /vmlinuz-3.6.0 ro root=UUID=755d8e92-1880-457a-b990-e6825786014b rd_NO_LUKS rd_NO_MD quiet rhgb crashkernel=auto  KEYBOARDTYPE=pc KEYTABLE=jp106 LANG=ja_JP.UTF-8 rd_NO_LVM rd_NO_DM
initrd /initramfs-3.6.0.img

grub.confには自動的に追記されるようだ。
起動しなかったらいやなので、まだ書き換えずリブート。

 

上手くいったようだ。
これでカーネルをソースから入れた環境ができた。

uname -r
3.6.0

あとはgrub.confを書き直したら終了ずら。
ではまた。

カーネルのアップデートってこんなに簡単だったっけ?と思ってたけど、もしかしたらBIOSのアップデートと勘違いしていたかもしれない・・・

Twenty Four 24 も3月にシーズン7まで終わって、4月でファイナルシーズンだわ、早いもんで半年になるんだなぁ。

Similar Posts:


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *