NFSを使ってみた


LPI202でsambaとnfsが出題されます。sambaについてはずいぶんと前になっちゃいますが、VPNをやった時に繋いだ先のサーバーでsambaを使える状態にしただけで、細かい設定やらは全く触れなかったので、試験内容はよく分からにゅ。

ってことなんだけど、教科書の順番でいうとsambaが先ですけど今回はLinux同士で繋ぎたいので先にnfsを使ってみることにした。使ってみた感じは、USBで繋いでる外付けHDDを使った時みたいなイメージかな。

nfsでイメージをつかんでからWindowsのネットワークに入るという魂胆であります。

構成は
サーバー側:CentOS6.4 192.168.24.56
クライアント:CentOS6.4 192.168.24.61
なんだか芸がないけどw

サーバー側はまずサービスを動かして許可するクライアントを設定した。

# service nfs start
Starting NFS services:                                     [  OK  ]
Starting NFS mountd:                                       [  OK  ]
Starting NFS daemon:                                       [  OK  ]
vim /etc/exports
/home/takeken (rw,no_root_squash)

あまりよくないだろうけど、繋いでみるテストなのでrootでOKにしてみる。/etc/hosts.allowでPortmapの許可が必要って書いてたけど、なくてもいけた。

そしてクライアント側の設定だけど、最小構成でインストールしたてほやほやだったので、いきなりやるとこんなエラーが出た。

# mount -t nfs 192.168.24.56:/home/takeken /mnt/takeken
mount: 間違ったファイルシステムタイプ、不正なオプション、
       192.168.24.56:/home/takeken のスーパーブロックが不正、コードページまたは
       ヘルパープログラムの未指定、或いは他のエラー

ってことで必要なものを入れた。

# yum install rpcbind nfs-utils
# mount -t nfs 192.168.24.56:/home/takeken /mnt/takeken
# ls /mnt/takeken
Maildir  matome  public_html  python-2.6.6-36.el6.i686.rpm  test  test.tar.gz  usr

もともとCentOSとDebianでやってたのですが、前回の日記を見てもらうと分かるようにVMwareを再インストールしたので、ざっくりな結果に終わっていますが、時間はたっぷりかかっていますじゃ。

さて、なんとなくイメージできたところでsambaをやるぞ~。

Similar Posts:


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *