Sendmailのマルチドメインで使う

今さら感のあるネタですが、たけけんにはまだまだ新鮮なネタでございます、今日のお昼になんやかんやとやっていましたが、DNSの関係でやっとメールが届きだした所でございます、勿論エラーメールも含めて。

とりあえずSendmail.mcは触ることはなかったのですが、おそらく新しいバージョンではデフォで利用できる設定なんでしょうぞ。

やった事は

/etc/mail/local-host-name
/etc/mail/access

に利用するドメインを追加する

makemap -v hash /etc/mail/access.db < /etc/mail/access

ハッシュ化した、終わり。

実際必要な設定はこれだけだが、いつものように数時間は格闘したw

以下が格闘した内容

VS ゾーンの編集
VS ポート開放
VS Sendmail.mcをグローバルでも許可する

以上3回戦になりました。

なかなか気付かなかったのが、Sendmail.mcでローカルからのメールは受信できるのに、Gmailとか外から送ったメールが何度やっても受信できない

という状況になっていたので、受信だからDovecotに気をとられていたのですが、/var/log/maillog をチェックしながら色々と試行錯誤してると、Sendmail.mcの送信の許可のところが原因でした。

まだまだ理解が足りませんわ。

ポートに関してはSSLを使ってたので110は閉じてたので、開けただけですけどね、開けたとたんセキュリティポリシーに引っかかるようなログが見つかるし、インターネットは恐いですね。

ところでSendmailのマルチドメインの設定で

vim /etc/mail/virtusertable

の設定ですが、ドメイン毎にメールを分けたい場合は必要で、ユーザー名のエイリアス機能なります、メールアドレスの左が同じっていうかユーザーに対するメールボックスは勿論一つなんで、例えば同じメールソフトでドメインが違うアカウントを作っても、同じユーザーだと同じメールが2通来るって事になります。

他人に使わせる時は注意しようにゃ~、同じのが2個くるぞごるぁ!って怒られますからねw

そんな感じですね、次はPostfixになってるだろうな。

ありがとうSendmail、また会う日まで

 

Similar Posts:


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *