犯人はヤス

さて、3連休もぼちぼち終了のホイッスルが鳴る頃ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
こないだ安兔兔ベンチマークっていうスマートホン用のベンチマークを見つけたのでやってみたら、あまりにスコアが低くて凹んだ・・・

スマホの話はとりあえず置いておいてですな、サーバーのスペックをチェックできるっつうベンチマークで有名なものに、UnixBenchというプログラムがありまして、その昔ジョージと呼ばれたUNIXシステムでSPARCstation20-61というものがあり、その処理性能を基準にしているらしく、ジョージの処理結果を10としたものと比較した結果を数値化したものであります。
ようするに最後のSystem Benchmarks Index Scoreの数値が500だったら、ジョージの50倍速いらしい。

 

 

ちょっと話がそれてしまいましたが、UnixBenchはオプションを指定せずにプログラムを実行した場合はCPUの処理能力を数値化する項目が多くて、オプションを付ける事でindexやグラフィックのベンチができます。

よって、ネット上でもUnixbenchでググればかなりたくさんの結果を見る事ができますが、オプション指定なしで実行しているので、基本事項のCPUの処理の負荷テストが多いんだよという事になります。

そして、そんな事もググるまえに安易にメモリも増えたことだしやるかー!!ってやっちゃった相変わらずな私なのです。
てなわけでして、CPUの処理能力なので、過去にSSDプランを借りてすぐにUnixBenchをやったときと特に変わらずでした!そりゃ当たり前なのですわ。

つうことでCore数を変えたらどうなるの、って事でVMwareの仮想サーバーでやってみようと思い立った。

 

さて、たけけんさん、立ってしまわれた!

ちなみにですが、さくらのVPS2GプランのオプションなしのUnixBenchの結果はだいたい2000ちょいくらいでした。

自宅のパソコンはCore i3の3.1Ghzです。
まずは仮想1Coreで試した結果。

   BYTE UNIX Benchmarks (Version 5.1.3)

   System: localhost: GNU/Linux
   OS: GNU/Linux -- 2.6.32-358.6.2.el6.x86_64 -- #1 SMP Thu May 16 20:59:36 UTC 2013
   Machine: x86_64 (x86_64)
   Language: en_US.utf8 (charmap="UTF-8", collate="UTF-8")
   CPU 0: Intel(R) Core(TM) i3-2100 CPU @ 3.10GHz (6185.9 bogomips)
          x86-64, MMX, Physical Address Ext, SYSENTER/SYSEXIT, SYSCALL/SYSRET
 1 CPU in system; running 1 parallel copy of tests
 System Benchmarks Index Score                                        1425.7

こんな感じでございました。
続いて仮想2Coreで試した結果。

   BYTE UNIX Benchmarks (Version 5.1.3)

   System: localhost: GNU/Linux
   OS: GNU/Linux -- 2.6.32-358.6.2.el6.x86_64 -- #1 SMP Thu May 16 20:59:36 UTC 2013
   Machine: x86_64 (x86_64)
   Language: en_US.utf8 (charmap="UTF-8", collate="UTF-8")
   CPU 0: Intel(R) Core(TM) i3-2100 CPU @ 3.10GHz (6185.9 bogomips)
          x86-64, MMX, Physical Address Ext, SYSENTER/SYSEXIT, SYSCALL/SYSRET
   CPU 1: Intel(R) Core(TM) i3-2100 CPU @ 3.10GHz (6185.9 bogomips)
 2 CPUs in system; running 2 parallel copies of tests
 System Benchmarks Index Score                                        2017.0

おまけで仮想4Coreでござる。

   BYTE UNIX Benchmarks (Version 5.1.3)

   System: localhost: GNU/Linux
   OS: GNU/Linux -- 2.6.32-358.6.2.el6.x86_64 -- #1 SMP Thu May 16 20:59:36 UTC 2013
   Machine: x86_64 (x86_64)
   Language: en_US.utf8 (charmap="UTF-8", collate="UTF-8")
   CPU 0: Intel(R) Core(TM) i3-2100 CPU @ 3.10GHz (6185.9 bogomips)
          x86-64, MMX, Physical Address Ext, SYSENTER/SYSEXIT, SYSCALL/SYSRET
   CPU 1: Intel(R) Core(TM) i3-2100 CPU @ 3.10GHz (6185.9 bogomips)
          x86-64, MMX, Physical Address Ext, SYSENTER/SYSEXIT, SYSCALL/SYSRET
   CPU 2: Intel(R) Core(TM) i3-2100 CPU @ 3.10GHz (6185.9 bogomips)
          x86-64, MMX, Physical Address Ext, SYSENTER/SYSEXIT, SYSCALL/SYSRET
   CPU 3: Intel(R) Core(TM) i3-2100 CPU @ 3.10GHz (6185.9 bogomips)
          x86-64, MMX, Physical Address Ext, SYSENTER/SYSEXIT, SYSCALL/SYSRET
 4 CPUs in system; running 4 parallel copies of tests
 System Benchmarks Index Score                                        2201.8

 

てな感じで、意外と大差はなかったのでありました。
さくらのVPSと比べても、別のサイトで見た結果だと2400くらい出てたところもあるみたいなので、間違いなくCore i3の3Ghzを専有で利用している仮想サーバーよりもスペックは高いようだ。
もしかして、さくらのマネージドプランでCore i5のものがあったけど、それよりさくらのVPSで構築した方がコスト的にはかなり安い?のかもしれない。
あくまでかもだけどw

 

さて、なぜタイトルが犯人はヤスにしたのかと言うと、アンフェアのドラマ版を見ていたせいではなくて、NagiosからAlertが来ていたのさ。
Alertの原因はUnixBenchをやってたからなんだな、これが。
たいしたオチではなくてごめりんご。

 

Nagiosですが

PROBLEM Service Alert: localhost/Current Load is CRITICAL

という件名のメールが来ていて、5分後に

RECOVERY Service Alert: localhost/Current Load is OK

というメールが来ていた。戻ったよとの事。
ちゃんと見ていてくれてるんだなあと、ちょっと感心した。

だが、監視スクリプトを別に作っているのでLoad Averageが高いよというメールが31通来てて、これはちょっと見直しが必要だわw

 

Similar Posts:


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *