やはりUnixbenchはFSには依存しない。ではなぜOSごとに差がでるのか。それが問題だ。

ネタバレっつうとヘンだけど、タイトルの問題は

解決してません!

でゅふ。

往生際が悪いというか、物理サーバーを買う前に1つ試しておきたい事があったのでやっとく。
とりあえずkvm上じゃなくて、VMware上にFreeBSDを用意した。
まずは普通にインストールしてperlを入れてunixbenchしてみる。

System Benchmarks Index Values               BASELINE       RESULT    INDEX
Dhrystone 2 using register variables         116700.0   21117574.3   1809.6
Double-Precision Whetstone                       55.0       4163.2    756.9
Execl Throughput                                 43.0       4065.5    945.5
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks          3960.0     217512.2    549.3
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks            1655.0     134027.3    809.8
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks          5800.0     164540.3    283.7
Pipe Throughput                               12440.0    1992759.4   1601.9
Pipe-based Context Switching                   4000.0     368670.1    921.7
Process Creation                                126.0      10020.1    795.2
Shell Scripts (1 concurrent)                     42.4       7233.3   1706.0
Shell Scripts (8 concurrent)                      6.0        985.6   1642.6
System Call Overhead                          15000.0    1569626.3   1046.4
                                                                   ========
System Benchmarks Index Score                                         953.2

これが基本としよう。
KVMより数値が高いけどそこは引かぬ媚びぬ省みぬ。

言い換えるとめんどくさいから先に進もうという事だ。

 

んでは先に進もう。

参考サイト:完熟トマト
FreeBSD 9.1-RELEASE で ZFS Root FileSystem 環境を構築する
http://kanjuku-tomato.blogspot.jp/2013/01/freebsd-91-release-zfs-root-filesystem.html

こちらを参考にzfsで構築してみる。
シェルで作らないといけないけど、参考サイトのままで最後までいけた。
環境が同じVMwareだからか良かった。
かんしゃかんしゃかんしゃ大感謝。

起動したてはこんな感じになるー。

root@:/root # df -T
Filesystem  Type  1K-blocks    Used    Avail Capacity  Mounted on
rpool/root  zfs    39997280 1370762 38626518     3%    /
devfs       devfs         1       1        0   100%    /dev
root@:/root # zfs list
NAME         USED  AVAIL  REFER  MOUNTPOINT
rpool       1.31G  36.8G    32K  none
rpool/root  1.31G  36.8G  1.31G  legacy

しっかりzfsになっておる。

次に何をするかというと、コンソールのままではコピペできないので
まずはsshできるようにいそぐところがブロガーの性。
rc.confを編集を内側にひねるようにするべし。

root@:/root # cat /etc/rc.conf 
zfs_enable="YES"
ifconfig_em0="DHCP"
sshd_enable="YES"
keymap=jp.106x

 

ポゥデルォゥッサ(Poderosa)で繋ぐ。

ではでは

perlを入れてunixbenchをやる、これがほんとに最後のラストバトル。
たぶん絶対にってやつだ。

KVMの上のぽにょじゃないのがちょっと気になってきたけど
もう引かぬ媚びぬ省みぬ。

Run Run rara RunRunRun

実行して、結果を楽しみに音楽を聴く。
9日の深夜にラジオを聴く予定だったのだが、今思い出したよ。
準備してたのに・・・

ってことで、zfsでの結果は。

System Benchmarks Index Values               BASELINE       RESULT    INDEX
Dhrystone 2 using register variables         116700.0   21423110.5   1835.7
Double-Precision Whetstone                       55.0       4184.2    760.8
Execl Throughput                                 43.0       3724.8    866.2
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks          3960.0      83043.5    209.7
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks            1655.0      22768.4    137.6
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks          5800.0     326247.9    562.5
Pipe Throughput                               12440.0    2126341.4   1709.3
Pipe-based Context Switching                   4000.0     365978.1    914.9
Process Creation                                126.0      10604.4    841.6
Shell Scripts (1 concurrent)                     42.4       6927.9   1633.9
Shell Scripts (8 concurrent)                      6.0        924.6   1541.0
System Call Overhead                          15000.0    1584918.8   1056.6
                                                                   ========
System Benchmarks Index Score                                         800.0

じゃーん。変わりなし。
CPUのテストなんだってことは、もう十分に満足した。
うぬ、やはりファイルシステムには依存しないようだな。
とりあえずひと段落した。

ここでちょっと思った。solarisはどうなんじゃらほい。

ググってみたら

めっさ低かった!!

なぜかちょっと安心した。

おやすみ。

Similar Posts:


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *