うわさを信じてもいいじゃない

こないだZabbixをepelからインストールしたわけですが、CentOSでepelからインストールした場合、Zabbixのバージョンは1.8になります。もう色々試したんだけど、どうもバグじゃないのか!って嫌になってしまうくらいどうにも治らない。何が起こったのかと言いますと。

zab21

クリティカルエラー、フィールド[showdisabled]は整数ではありません。

こんな感じです。ウェブ監視がどうにもこうにもならなくなってしまいました。ググっても出てこないんで全く謎です。

こうなってしまった流れを書くと、Zabbixにログイン>設定>ウェブに進んでウェブ監視ができるんですが、プルダウンをtemplateに合わせたところでこのエラーが出ました。(ローカルで再インストールして確認)

せっかくそこそこセットアップしていたので何とか直そうと四苦八苦したんですがダメでした。

URLからPOSTしてみましたが、これは全くダメ。

続いてphpmyadminから、Explainというのとクエリーの実行をしてみたけど正常に値がかえったという表示がされるだけ。どうもこれを見てる限りはデータベースは普通に動いてるっぽいんだよね。

一応コマンドラインから何か起こりそうなコマンドを色々とやってみた。MySQLはあんまり触ったことないのでちょっと怖いのだけど、大丈夫だろう。何事も経験さ。

# mysqlcheck -c zabbix httpstep -u root -p
Enter password:
zabbix.httpstep                                    OK
# mysqlcheck -c zabbix httpstepitem -u root -p
Enter password:
zabbix.httpstepitem                                OK
# mysqlcheck -c zabbix httptest -u root -p
Enter password:
zabbix.httptest                                    OK
# mysqlcheck -c zabbix httptestitem -u root -p
Enter password:
zabbix.httptestitem                                OK

# mysqlcheck -a zabbix httpstepitem -u root -p
Enter password:
zabbix.httpstepitem                                OK
# mysqlcheck -a zabbix httpstep -u root -p
Enter password:
zabbix.httpstep                                    OK

# mysqlcheck -o zabbix httpstep -u root -p
Enter password:
zabbix.httpstep
note     : Table does not support optimize, doing recreate + analyze instead
status   : OK
# mysqlcheck -o zabbix httpstepitem -u root -p
Enter password:
zabbix.httpstepitem
note     : Table does not support optimize, doing recreate + analyze instead
status   : OK

# mysqlcheck -r zabbix httpstep -u root -p
Enter password:
zabbix.httpstep
note     : The storage engine for the table doesn't support repair

# mysqlcheck -r zabbix httpstepitem -u root -p
Enter password:
zabbix.httpstepitem
note     : The storage engine for the table doesn't support repair

すべて問題ないという結果になった。

これはさすがにデータベースの不具合ではないだろう。となると、PHPの不具合かなと。別のサーバーに新しくZabbixをインストールして、その該当するPHPのデータ(httpconf.php)をコピーしてこっちのエラーが出ているサーバーに書き込んでみる。httpconf.phpだけはまっさらのデータなわけだ。念のためにバックアップを取ってコピーして再度読み込ませたけど、・・・やっぱりさっきのエラーが出る!

引き出しの少なさに悲しくもなるけど、考えても仕方のないことは考えななーい!でも考えてしまうー!

もうやだー!!と思いつつもググってたら、どうもZabbixの2.0のが出来が良いらしいという噂を目にしたのだ。これは・・こっちに移行しちゃった方がいいんじゃないのかなあ~。

だってこれってバグっぽいんだもん。っとおっさんが気持ち悪いんだけど、個人的にバグ認定したのさ。ただ少し時間が経ってから、あれここおかしいやん!ってあっさり直ったりすることもあるし、まあいいよね。
さっそく2.0を試してみようとローカルのサーバーにちょこっと(やっぱり2回目なのでさくっといく)インストールしてみたら、色もレスポンスも1.8よりいいじゃん。

zab001

疎通もすぐに確認がとれたし、これなら1.8を削除して2.0系にするのもそれほど時間はかからないので、時間がある時に入れ替えようと思う。短い間だったけどさよなら1.8だ。

 

Similar Posts:


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *