Zabbix1.8から2.0へアップグレードした


なんだかよく分からないバグに遭遇したので、2.0にバージョンアップしました。方法はいたって簡単で、リポジトリを入れて yum update します。ただそのままデータを修正して使うという事はできずデータベースじたいはマルっと作り直してやります。Confはrpmnewで残っているのでそれを流用したので、ほんの15分くらいで設定は終わりました。

まずリポジトリを追加する。

#  rpm -ivh http://repo.zabbix.com/zabbix/2.0/rhel/6/x86_64/zabbix-release-2.0-1.el6.noarch.rpm
Retrieving http://repo.zabbix.com/zabbix/2.0/rhel/6/x86_64/zabbix-release-2.0-1.el6.noarch.rpm
warning: /var/tmp/rpm-tmp.rAU8je: Header V4 DSA/SHA1 Signature, key ID 79ea5ed4: NOKEY
Preparing...                ########################################### [100%]
   1:zabbix-release         ########################################### [100%]

アップデートしたら2.0になるので、あとはzabbix-getをインストールしておく。

# yum update                                                                                         
# yum -y install zabbix-get

こんな感じね。

インストールするとこんだけのものが入りました。

UPdate の結果
Updated:
  device-mapper.x86_64 0:1.02.77-9.el6_4.3                  device-mapper-event.x86_64 0:1.02.77-9.el6_4.3             device-mapper-event-libs.x86_64 0:1.02.77-9.el6_4.3
  device-mapper-libs.x86_64 0:1.02.77-9.el6_4.3             e2fsprogs.x86_64 0:1.41.12-14.el6_4.4                      e2fsprogs-libs.x86_64 0:1.41.12-14.el6_4.4
  fping.x86_64 0:2.4b2-16.el6                               libcom_err.x86_64 0:1.41.12-14.el6_4.4                     libss.x86_64 0:1.41.12-14.el6_4.4
  libssh2.x86_64 0:1.4.2-2.el6                              lvm2.x86_64 0:2.02.98-9.el6_4.3                            lvm2-libs.x86_64 0:2.02.98-9.el6_4.3
  zabbix.x86_64 0:2.0.9-1.el6                               zabbix-agent.x86_64 0:2.0.9-1.el6                          zabbix-server.x86_64 0:2.0.9-1.el6
  zabbix-server-mysql.x86_64 0:2.0.9-1.el6                  zabbix-web.noarch 0:2.0.9-1.el6                            zabbix-web-mysql.noarch 0:2.0.9-1.el6

zabbix-get のインストール結果

Running Transaction
  Installing : zabbix-get-2.0.9-1.el6.x86_64                                                                                                                                      1/1
  Verifying  : zabbix-get-2.0.9-1.el6.x86_64                                                                                                                                      1/1

Installed:
  zabbix-get.x86_64 0:2.0.9-1.el6

ではリポジトリは無効にしとこう。

# vi /etc/yum.repos.d/zabbix.repo

[zabbix]
name=Zabbix Official Repository - $basearch
baseurl=http://repo.zabbix.com/zabbix/2.0/rhel/6/$basearch/
enabled=0
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-ZABBIX

[zabbix-non-supported]
name=Zabbix Official Repository non-supported - $basearch
baseurl=http://repo.zabbix.com/non-supported/rhel/6/$basearch/
enabled=0
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-ZABBIX
gpgcheck=1
~

これでこのまま使えたらいいんだけど、そこまでは甘くなく。再設定が必要です。今の状態はこんな感じになってます。

zab002

むちゃくちゃです(笑)。

では初期化ならぬ、初期設定をします。うーん、初期化か。

# mysql -u root -p
Enter password:
mysql> drop database zabbix;
Query OK, 88 rows affected (0.19 sec)

mysql> create database zabbix character set utf8;
Query OK, 1 row affected (0.00 sec)

mysql> grant all privileges on zabbix.* to zabbix@localhost identified by 'パスワード';

# mysql -uroot -p zabbix < /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-2.0.9/create/schema.sql
Enter password:

# mysql -uroot -p zabbix < /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-2.0.9/create/images.sql
Enter password:

# mysql -uroot -p zabbix < /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-2.0.9/create/data.sql
Enter password:

最後に

/etc/zabbix/zabbix_server.conf 
/etc/zabbix/zabbix_agent.conf 
/etc/zabbix/zabbix_agentd.conf

この3ファイルには rpmnew っていうものが追記されたファイルが元データとダブらないように自動でできているので、その辺は各自で設定しなおしましょう。上書きでもいいし、またやり直すもいいし。

ここまでやればまたユーザーが admin のパスワード zabbix になっていると思うので、設定をしてちょこちょこっと触ればまた元のようになっていると思います。ただ全く別物?のようなので、グラフの日本語化やアクションの作成などはまた別途新規で作成が必要でしたが、1.8よりもさらに直感的に分かるようになっていました。

日本語化は1.8ではエディタで修正したけど、2.0はalternativesで管理できます。優先度を上げるという作業だけでOKらしい。

 # alternatives --install /usr/share/zabbix/fonts/graphfont.ttf zabbix-web-font /usr/share/fonts/ipa-pgothic/ipagp.ttf 1000
 # alternatives --display zabbix-web-font
zabbix-web-font - status is auto.
 link currently points to /usr/share/fonts/ipa-pgothic/ipagp.ttf
/usr/share/fonts/dejavu/DejaVuSans.ttf - priority 10
/usr/share/fonts/ipa-pgothic/ipagp.ttf - priority 1000
Current `best' version is /usr/share/fonts/ipa-pgothic/ipagp.ttf.

これであとはウェブからセットアップすればOKです。

zab003

ちゃんと初期化されてます。

同じことを2回書いてしまいますけど、直感的に使える度がさらに上がっているインターフェースになっているので、アップグレードで使うのならばまったく問題ないでしょう。

ってことでZabbixライフをまた送りたいと思います。

参考サイト

双六工場日誌
Zabbix 2.0 のグラフの文字化けを直す、「alternatives」での日本語フォント設定方法

ayasi-180 のホームページ
CentOS 6.4 (x86_64) に Zabbix 2.0.6 のインストール

 

Similar Posts:


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *