Vhostごとにmod_pagespeed使えるや~ん

1.色々あってmod_pagespeedを外して、xcacheに戻したが・・・

xcacheに戻してみたんですが、じっさいはあんまり体感で差を感じないんだなあ。もしHDDだったらと考えるとかなり遅くなってしまっているのではないかと。ついでに今回の再インストールですっごいことに気付いたんだけど。

yum -y install php-xcache xcache-admin

Installed:
  xcache-admin.noarch 0:3.0.4-1.el6
Complete!

お分かりいただけただろうか。

 

もう1度スローでお見せしましょう。

yum -y install php-xcache xcache-admin
Loaded plugins: downloadonly, fastestmirror, security
Loading mirror speeds from cached hostfile
 * base: ftp.iij.ad.jp
 * epel: ftp.kddilabs.jp
 * extras: ftp.iij.ad.jp
 * updates: ftp.iij.ad.jp
Setting up Install Process
Package php-xcache-3.0.4-1.el6.x86_64 already installed and latest version
Resolving Dependencies
--> Running transaction check
---> Package xcache-admin.noarch 0:3.0.4-1.el6 will be installed
--> Finished Dependency Resolution

Dependencies Resolved

======================================================================================================================================================================================
 Package                                        Arch                                     Version                                         Repository                              Size
======================================================================================================================================================================================
Installing:
 xcache-admin                                   noarch                                   3.0.4-1.el6                                     epel                                    46 k

Transaction Summary
======================================================================================================================================================================================
Install       1 Package(s)

Total download size: 46 k
Installed size: 138 k
Downloading Packages:
xcache-admin-3.0.4-1.el6.noarch.rpm                                                                                                                            |  46 kB     00:00
Running rpm_check_debug
Running Transaction Test
Transaction Test Succeeded
Running Transaction
  Installing : xcache-admin-3.0.4-1.el6.noarch                                                                                                                                    1/1
  Verifying  : xcache-admin-3.0.4-1.el6.noarch                                                                                                                                    1/1

Installed:
  xcache-admin.noarch 0:3.0.4-1.el6

Complete!

Xcacheが入ったままだった

 

locate xcache.ini
/etc/php.d/xcache.ini
/etc/php.d/xcache.ini.rpmnew

うぬぅ、rpmnewがあるということは、何回か入れたり消したりやってるではないか

 

まあいい。

・・・あんまりいくないけど。

 

いや、ぜんぜんいくないか・・・。

 

 

気を取り直して進む君だ。

Xcacheの再設定をしたときの参考サイト

MyBlog
PHP-Xcacheのインストールと設定方法
※DDNSを利用してされているようでたまにアクセスできない可能性もあります。

設定は下のcatのこんな感じで、当時は今回の参考サイトとはまた違うとこで見たはずだけど、だいたいは同じになっている。そして以前とは違うところで、xcache-adminを入れたのでウェブから確認してみたのと、DiagnosisとVar Cacherのインストールについては初めておこなってみた。

ちなみにうちのconfはこんな感じでした。

cat /etc/php.d/xcache.ini | egrep -v "^;" | grep -v "^$"
[xcache-common]
extension = xcache.so
[xcache.admin]
xcache.admin.enable_auth = On
xcache.admin.user = "admin"
xcache.admin.pass = "644dfefa714ebb4da625985a317441f8"
[xcache]
xcache.shm_scheme =        "mmap"
xcache.size  =                200M
xcache.count =                 1
xcache.slots =                8K
xcache.ttl   =                 0
xcache.gc_interval =           0
xcache.var_size  =           16M
xcache.var_count =             1
xcache.var_slots =            8K
xcache.var_ttl   =             0
xcache.var_maxttl   =          0
xcache.var_gc_interval =     300
xcache.var_namespace_mode =    0
xcache.var_namespace =        ""
xcache.readonly_protection = Off
xcache.mmap_path =    "/dev/zero"
xcache.coredump_directory =   ""
xcache.disable_on_crash =    Off
xcache.experimental =        Off
xcache.cacher =               On
xcache.stat   =               On
xcache.optimizer =           Off
[xcache.coverager]
xcache.coverager =           On
xcache.coverager_autostart =  On
xcache.coveragedump_directory = "/var/local/xcache"
"/var/local/xcache"
これは作成する必要があった、んで再起動だ

なかなかいいものなのだと思うけど、キャッシュっぽい感じで動作が早くなったことは早くなった。
基本的なI/Oが超早いはずだから、SSDだとやはりキャッシュによる効果は薄いのかもしれないなあとしみじみ。

 

と、なんとなーくpagespeedでまたググってみたら神があらわれた。っていうか一番上に出てたのに気付いていなかった。なんでやねん。

 

2.Vhostごとにmod_pagespeed使えたみたい

参考サイト

kray
mod_pagespeedってどんなサイトに向いてるんだろう?

参考サイトによると、そもそものhttpd.confのModPagespeedはoffにしとくようでした。そもそもが間違いだった。もそもそ。

どういうことかというと、こういう事でした。※間違ってたので修正しました。

こっちはoffでOK。

ModPagespeed off
ModPagespeedInheritVHostConfig on

上のはバーチャルホストの設定を継承する。というオプションになります。ここはoffでもOKです。vhostだけ有効にしたい時きは、/conf/httpd.confで有効にしたいvhostのディレクティブでモジュールを読み込む。

 <IfModule pagespeed_module>
    ModPagespeed on
    ModPagespeedFileCachePath "/var/mod_pagespeed/cache/"
  </IfModule>

なんとあれから数日後に解決できるとは、明日のことは分からない、だからググっといてねとはよく言ったものだ。あの頃の未来に僕らは立ってるんや!おかげでZabbixはグラフが出るし、CSSもちゃんと効いている。そして、ウェブサイトの方はちゃんとpagespeedによる色々な効果が有効になっている。

むふふ。

 

今回確認したkrayさんのウェブページではかなりいろいろ検証しているようなので、またじっくり見たいと思います。先にここに来た人も勉強になると思うので是非どうぞ。gitも早く使いたいんだけどな。なかなか。

なかなかなんだが、もうじきサーバー用途のPCを買う予定なので、まだまだ先は長いのである。

 

Similar Posts:


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *