ノリとプログラム作成

アセンブラの教科書の16BITプログラミングはWindows2000でおなってるんだけど、当然いまはメイン機種がWindows8.1なのでVM上のWindows2000だ。

いままでのプログラム作成はずっとVIM1個でやってきていたけど、テキストエディタで書いてDOS窓でコンパイルしたりしてってのは何だか奇妙な感じ。
学生時代なんかは86試食版+メモ帳を使ってたはずだったのだが、いまやるとどうもしっくりこね

たとえたらジャズよりブルースの方が体にしっくり来るのと似てるかもしれない。

長い時間タイピングするので、結構ノリが重要だと思うんだな。
仕事でないから何で書いてもいい訳だし、プログラマーではないのでしょっちゅう書く訳ではないし、こういうのは先人の知恵だと、プログラマーの友人なんかももうしばらく会ってないので、本職がどんな感じで作業してるのか分からんし、あくまで感覚しかないけど、ノリにのれる環境ってのはわりと重要じゃないかなぁと。

今はこんな感じ

w2000

キーボードショートカットも使えるし、快適だし、やりやすいとは思うんだけどね。

 

Similar Posts:


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *