とくにネタはない(TNN)

「もう夏休みも残り10日ほどとなりました。」なんてニュースを見て「もう8月も終わりかぁ」とぼんやり思ったりして。何かに追われている事もないし、義務教育の子供がいる訳でもないので、夏休みなんてものは自分には関係ないんだけれど、いつまで経っても夏の終わりってのはなんだかちょっぴり寂しい感じになるんだなあ。ついこないだ夏の匂いがするなぁと思ったような気もするけど、もう2か月ほど経つのか。たけけんです。

 

大人になってからでもアニメにハマるもんで、某アニメの4話が放送されなくなり続きもののストーリーだから内容が気になってたから続きの5話以降もずっと見ずに置いてたんだけれど、やっとDアニメストアに登録してみたら、涼宮ハルヒの憂鬱が8月19日まで無料コンテンツだったらしく、気づいたのが夜の9時半頃だったので最終話だけ見た。
2006年の放送だから・・・もう8年前かぁ。
エンディングのクレジットタイトルはどうやら回ごとに違うようで、今回は1番最初はキョンなのね。
今日初めて知ったけど、そうだったのか。

そういえば、涼宮ハルヒの憂鬱というと最近パチンコ化されたそうで、第3期の資金集めなのか、もしかしてその逆の意味なのかは分からないけど、やってみた系の感想を読むと、リーチが長い!って書いてたのであまりやる気がしない。パチンコなんてもうずいぶんやってないけど、バーっと群れが出たらだいたい50%で当たってるとか、シンプルな演出のがいいよね。と思う。

 

アニメといえば、GIGAZINEで宮野真守さんという方のインタビューをやってたんだけど
舞台でやるお芝居とは違い、アニメはアニメーターやスタッフやみんなで「キャラクター」を作り上げていくものなのだ
って言葉に妙に感動した。たしかにそうだなぁ。

「頭文字D」藤原拓海と「豆腐屋の息子」という共通点を持つ宮野真守さんにインタビュー

最近は色々なものにちびちび手を出しているせいで、まとまって書けるものがなくて日記に書くこともないんで、ちょっと熱帯低気圧化しています。

ただ早いもんで、あともういくつ寝たりして2か月経つと、この日記も3周年記念になるらしい。
3年という時間なんて中学生が入学して卒業するくらいの期間な訳で、それでもあっという間な訳で、3年続けれたという部分もあり、3年でこの程度なのかという部分もあり、いろいろと複雑な乙女なおっさんです。



Similar Posts:


Author: Takeken

インターネット利用者のITリテラシーを向上したいという設定の2次元キャラです。 サーバー弄りからプログラミングまで手を付けた自称エッセイストなたけけんの物語。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *