バーチャルホストの設定内容

とりあえずまとめました。

NameベースとIPベースの2つ方法があるみたいで、たけけんはレンタルVPS環境で
DHCPサーバーは建てていないのでIPアドレス1つで運用できるName方式を使いました

ゾーンファイルの編集

www   IN A      192.168.*.*
lunch IN CNAME   www

wwwの別名としてlunchを設定するという記述、IPアドレスは代用なので置き換えてください
あとSOAレコードのシリアル値を増やしました

namedの再起動、ミスったらHPが表示されなくなるので注意すべしー

 

httpd.confの編集

NameVirtualHost *:80

コメントアウトをはずす

/etc/httpd/conf.d/以下に****.confを作成し編集
下記は一例
メインのものと今回追加するサブドメイン2つとも作る

<VirtualHost *:80>
ServerName ***.hogehoge.net
DocumentRoot /www/httpd/hogehoge
ServerAdmin webmaster@hogehoge.net
ErrorLog logs/error_log
TransferLog logs/access_log
</VirtualHost>

後は前回でも触れた、未定義のホストに関してどうするか
たけけんみたいにアクセスが減るかも(笑)

終わったらhttpd再起動、これもミスったらHP表示がなくなるから
しっかり確認しよう

Similar Posts:


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *