vyattaの中に入った

どうにかこうにか・・って訳でもないけど、Vyattaで作られたネットワークの中にウィンドウズが居るって状態には出来ました、やっとうまくいきました。

ウィンドウズipconfig

IPv4 アドレス . . . . . . . . . . : 192.168.34.51
サブネット マスク . . . . . . . . : 255.255.255.0
デフォルト ゲートウェイ . . . . . : fe80::20b:a2ff:febb:ea0f%13
                       192.168.34.55

こんな感じです。

 

んでからVyattaの#Showの結果をところどころ書き出します

interfaces {
ethernet eth0 {
address 192.168.24.55/24
duplex auto
hw-id 00:0c:29:ef:74:7e
smp_affinity auto
speed auto
}
ethernet eth1 {
address 192.168.34.55/24
duplex auto
hw-id 00:50:56:22:2e:fd
smp_affinity auto
speed auto
}

eth0はCTUのネットワークと同一ネットワークになってて、eth1はウィンドウズのネットワークと同一になってます。

NATの記述はこんな感じ、これでうまくいきました。

nat {
 rule 10 {
 outbound-interface eth0
 source {
 address 192.168.34.0/24
 }
 type masquerade
 }
 }

昨日までは逆に書いてました。

 

残りのVyattaの記述

gateway-address 192.168.24.1
name-server 192.168.24.1

今の環境は

      CTU → NEC Aterm → Vyatta → ウィンドウズ
                ↓        
              携帯電話

となっているはず・・・。

Atermは無線でハブかスイッチ(どっちか分からん)として動作してます。以前はローカルルータとして動かしてたんですが、自宅サーバの設定がうまくいかなくなったときに、アクセスポイントに変えてその日からずっとそのままです。

ルーティングテーブルを見たらウィンドウズはVyattaへのルート、VyattaはCTUとウィンドウズ側のルートだけという、つまんない結果でしたので省略。

とりあえずは、やりたかったことはできました。

このままだとVMwareを起動しとかないとネットできないので、元に戻してサーバーいじりに戻りたいと思います。

あでゅー。

Similar Posts:


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *