性能の違いが、戦力の決定的差ではないということを考えてみる、M/B編

マザーボード編はすんなり済むだろうと予想してたんですけど
すんなりは済まなさそう。
何故かと言うと、サーバー用途とPC向けのM/Bはソケットが違うと思ってたのだ。
が、同じLGA2011だったのであったのであった。

アンド、今日始めてATX規格よりでかいサイズがあるという事を知ったw

Extended ATX規格やSSI CEB/EEB規格というものらしい。

たけけんは自作のパーツを構成したりするのが、無意味に不動産の部屋探しをしたりするのと同じように、時間がある時に楽しんでやってたので、そこそこ知識はありんす。
なので、ちょっと今回の日記は知らない人には分かりにくいかもしれない。
ごめんなさい。

あと決定的な差というところになるか、分かりませんが、サーバー用M/Bで検索するとすぐにお分かりの通り、CPUソケットが幾つかあるのがある、これは決定的差だ。
CPU編では出てきませんでしたが、Xeonは複数載せれるようなのだ。

デュアルXeon仕様で、32スレッドのモンスターが作れる、と受け売りだけど書いておくw

たとえば有名どこで行くと
GIGABYTE、デュアルXeon対応のLGA2011ラックマウント型サーバーベアボーン
「GS-R12PE」
とか。ASUS製の「Z9PE-D8 WS」とか。

はてさて、じわじわと差が出てまいりました。

Similar Posts:


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *