性能の違いが、戦力の決定的差ではないということを考えてみる、CPU編

個人向けCPUと、サーバー向けCPUの差はなんやーって考えてみました。
個人向けのすごーいCPUというとCore i7、サーバー向けといえばXeon 。
全く違うのかと思いきや、どっちもSandy Bridgeらしい、てことは基本的には同じってことなんかいなぁ?なんかいなぁ?

Xeonの新しいモデルのスペックは
3.1GHz、L3キャッシュ20MB、8コアの16スレッド、TDP150
Core i7の新しいモデルのスペックは
3.3GHz、L3キャッシュ15MB、6コアの12スレッド、TDP130
これだけだと、決定的な差ってのは分からない。

んで、サーバーに必要なものを考えてみたら、安定や故障率じゃないかと思ったので、ちょっと調べてみる。が、故障率なんて書いてなかった。

Xeonのキャッチコピーみたいなのを見ると「保全性、耐障害性、信頼性」てな感じ。
Core i7は「最高のパフォーマンスを発揮」という文言から、更にターボブーストを使ってあげれるらしい。
これは全く意味合いが異なる。

どうも表面上の数字よりも、内面に違いがあるようだ。

何か変なタイトルを付けたせいで、訳が分からんようになってきたw
恋人にするならCore i7、結婚するならXeonって感じでしょうか。
これはたけけんには当てはまりませんが。

今回は初回ということで、まだまだ未知な事がいっぱいありますが
今後の流れとしてはマザーボード、ストレージ、メモリーとか考えてます、ケースもあるなぁ。
調べていくうちに見えてくるものもあるでしょう。

Similar Posts:


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *