SendmailからPostfixへ

移行じたいは昨日の夜には済んでたんですが、VS眠気との2回戦目くらいで敗退してしまいました、すみません。

すみませんネタがもう一つあって、だいーぶ前にIPv6Dayの話をしましたが、去年の話でした、去年の話なんで既に終わっています。
さくらの6rdやりましたけど、とりあえずチェックはできないという事でw

参加しますとかやらんで良かった・・・w
経験とか関係なく、ちゃんと見てないのが原因なので、気をつけようホトトギス。

 

さてさて、ではPostfixのインストールですが、普通にYumでインストールします。

Postfixは、ほとんどデフォで使えるようになってますけど、グローバルで使うにはSMTP-AUTHの設定をしないといけません、これをやらないといけいけどんどんになっちゃいます、いけいけどんどんって分かりますか?
ぼくは知りません。

とりあえず変更した点は以下の部分で、********の所を各環境に合わせて使います。

vim /etc/postfix/main.cf
#myhostname = host.domain.tld #myhostname = virtual.domain.tld myhostname = *****.com
#mydomain = domain.tld mydomain = ******.com
#myorigin = $myhostname #myorigin = $mydomain myorigin = $*********
#inet_interfaces = all #inet_interfaces = $myhostname #inet_interfaces = $myhostname, localhost inet_interfaces = *******
mydestination = $myhostname, localhost.$mydomain, localhost, $***** #mydestination = $myhostname, localhost.$mydomain, localhost, $mydomain #mydestination = $myhostname, localhost.$mydomain, localhost, $mydomain,
#home_mailbox = Mailbox #home_mailbox = Maildir/ home_mailbox = ********

以下がSMTP-AUTH の設定

smtpd_sasl_auth_enable = yes smtpd_sasl_local_domain = $myhostname smtpd_recipient_restrictions =     permit_mynetworks     permit_sasl_authenticated     reject_unauth_destination

とりあえず上のこれだけは必要、意味を調べたり、もっと色々な認証方法とかやりたい時は以下リンクページにて可能です。
Postfixのぺーじ Postfix設定パラメータ

おっと大事な部分を忘れていました

/usr/sbin/alternatives –config mta

これでMTAを変更します、Sendmailはちゃんとストップさせてからね。

後はPostfixをスタートして、chkconfigで起動にスタートするようにする。
最終的にRBL.JPで第3者リレー中継をされないかチェックして終わり。

たけけんの場合はですが問題なく終了できました、メーラーを使って数回テストした結果も問題なく、今朝のログのメールも問題なくGmailまで届いていました。

こんな時もあるんだなぁ。
前にPostfixでやろうとした時は全然できなくって、止めたような記憶がうっすらとあるんですが、アッサラームあたりからアリアハンに帰ってきたような感じなんかな。
イシスまではまだ行ってないですわ。
なんのこっちゃ。

LogwatchにもPostfixの項目が増えていましたね、前は勝手には追加されなかったのになんでやろね。

ほいじゃぁの

Similar Posts:


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *