Apacheの多重起動

とりあえずの目標になっていたApacheの多重起動にやっと成功しました、しかしApacheの多重起動だけだとそれほど大した事はなくて、Apacheのソースから作ってポートを変えてやればすんなり起動してくれました。

 

起動はしましたが、configureのオプションに四苦八苦。

--enable-module=all
--enable-mods-shared=all

上がモジュールを全て有効に、下が全ての共有モジュールを有効にするオプションになり、これをつけて見覚えのあるhttpd.confが出来上がります。

が、Yumからインストールしたものとは少し構成が異なっていて、conf/Extraというディレクトリの中に

httpd-autoindex.conf  httpd-info.conf       httpd-mpm.conf                 httpd-userdir.conf
httpd-dav.conf        httpd-languages.conf  httpd-multilang-errordoc.conf  httpd-vhosts.conf
httpd-default.conf    httpd-manual.conf     httpd-ssl.conf

こんなけのConfファイルができていたりして、有効にしたり無効にしたりができます。

一番時間がかかったのがPHPを動かす部分で、何回も色々試しましたが上手くいかなくて、PHPもソースから行い、原因だったのはApacheのパスを指定してインストールする必要があったみたい、ようやくうまく動いてくれました。

make installの一部をコピーを載せます

cp .libs/libphp5.so /home/user/hp/modules/libphp5.so
cp .libs/libphp5.lai /home/user/hp/modules/libphp5.la
libtool: install: warning: remember to run `libtool --finish /home/user/php-5.3.18/libs'
chmod 755 /home/user/hp/modules/libphp5.so
[activating module `php5' in /home/user/hp/conf/httpd.conf]

こんな感じでPHPのモジュールを追加してくれます、libphp5をずっと探していたんですが、こんな形でインストールしてくれるとはね。
ちなみにApacheは/home/user/hpにインストールしています。

さらにこのままでは上手くいかず、You may want to add: /usr/local/lib/php to your php.ini include_path という部分を見逃していました。

php.ini-developerをコピーしてphp.iniとしてやります、最後の仕上げに

AddHandler php5-script .php   #拡張子を関連付け AddType text/html .php     #拡張子を関連付け

httpd.confに追記して、やっとPHPも動きました。

何回configureをやったか分からんくらいやりましたが、色々と調べることも多くて、ひと山超えた感じです。
説明になっているのか分かりませんがこんな感じで2つのhttpdが動作しています。

32081 apache    20   0  242m 5128  684 S  0.0  0.5   0:00.00 httpd
32085 apache    20   0  242m 5128  684 S  0.0  0.5   0:00.00 httpd
32124 user      20   0  273m 5088  724 S  0.0  0.5   0:00.00 httpd
32125 user      20   0  273m 5088  724 S  0.0  0.5   0:00.00 httpd

今回はこんなとこで終わります、おそらくまだまだApache編が続くとおもわれ……

Similar Posts:


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *