メールサーバーを移転しました


実はしばらく前からサーバーを用意してました、と言っても、今と同じくまたさくらのVPSですが、今回は新プランの1Gのやつにしました。

今の旧プランと使った感じの違いですが、新サーバーはYumの完了に少し時間がかかる時があります、ネットワークに差があるのでしょうか、ちょっと分からないな。

何だかんだで、借りてから結構な時間が過ぎてしまっています。

 

新サーバーでApacheかNginxのどちらで運営していこうかしばらく悩んでいて、旧VPSの方で、こないだからApacheがメインでNginxのリバースプロキシを使ってという感じで、ApacheもNginxも、両方とも使っての運営に切り替わっている状態なので、もうちょっとこのまま使ってみたいと思ってしまい、とりあえずメールサーバーだけを今回は移転することにしました。

メールサーバは今の設定と同じくPostfixとDovecotでの運営にしました、Postfixに関しては外部からを許可設定をしてSMTP認証とSSL認証を利用する形に追記と修正をして設定は完了しますが、DovecotについてはCentOS5の時と少し事情が違う様子。

今となっては色々なところで目にするもになっていますが、別途ConfファイルをIncludeするようなしくみに変わっています。

/etc/dovecot/dovecot.confを除いてみるとinclude conf.d/*.confという記述部分があります。

ざっとConfファイルをだしてみると

/etc/dovecot/conf.d/10-auth.conf      /etc/dovecot/conf.d/20-imap.conf
/etc/dovecot/conf.d/10-director.conf  /etc/dovecot/conf.d/20-lmtp.conf
/etc/dovecot/conf.d/10-logging.conf   /etc/dovecot/conf.d/20-pop3.conf
/etc/dovecot/conf.d/10-mail.conf      /etc/dovecot/conf.d/90-acl.conf
/etc/dovecot/conf.d/10-master.conf    /etc/dovecot/conf.d/90-plugin.conf
/etc/dovecot/conf.d/10-ssl.conf       /etc/dovecot/conf.d/90-quota.conf
/etc/dovecot/conf.d/15-lda.conf

これだけのファイルがあります。

実際に追記や修正をするのはこの中の一部だけ動作はしましたが、なぜだか分かりませんがSSLを有効にしないと動きませんでした。

とりあえずはDovecotの設定はそれほど時間はかからず済みましたが、iptablesの設定がミスっていたようで、結構な時間を使ってしまいましたが、肝心なところはやはりDNSのレコードの設定だね。

とりあえず旧サーバーと新サーバーのメールサーバー移行も何とか終わらせることができました。

Similar Posts:


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *