apacheをソースからインストールして、VirtualHostにしてみる

ソースからのインストールは何度かやってますが、それでもしっかり覚えてはいないようで、久しぶりにやってみるとやはり勉強になる!

ような気がする。

Apache.orgだと2.4.4が最新のようだけど、まんまだと古いバージョンが入っているというエラーが色々と出るので2.2.25を入れることに。ちなみにCentOSのyumの場合は2.2.15が入っていた。

cd /usr/local/src/
wget http://ftp.tsukuba.wide.ad.jp/software/apache//httpd/httpd-2.2.24.tar.gz
tar zxvf httpd-2.2.24.tar.gz
cd httpd-2.2.24
yum install zlib-devel
yum install openssl-devel
yum install make
./configure --enable-so --enable-ssl --enable-module=rewrite --enable-mods-shared=all
make
make install

インストールはこんな感じになった。設定ファイル=ServerRootは/usr/local/apache2以下になる。

vi /usr/local/apache2/conf/httpd.conf
User apache
Group apache
# Virtual hosts
Include conf/extra/httpd-vhosts.conf


vi /usr/local/apache2/conf/extra/httpd-vhosts.conf
<VirtualHost *:80>
    DocumentRoot "/home/takeken/public_html"
    ServerName 192.168.24.60
    ErrorLog "/var/log/error_log"
    CustomLog "/var/log/access_log" common
     <Directory "/home/takeken/public_html">
        Options FollowSymLinks
        AllowOverride None
        Order allow,deny
        Allow from all
    </Directory>
</VirtualHost>

ユーザ名は個人的な趣味です。もちろんエラーもインストールが終わるまでに何個かは出ていますが、ここからどうするかという部分で伸びない。

LPIも暗記は大変だけど、新しいネタとしてブログのネタにできるところがないんだな。
iptablesも復習には良かったけど、ネタにできるような部分はなかった。

LPIC縛りがあるとなかなかしんどいとこがあるなあ、好きなことばっかりやっててもいいんだけど、頭が試験モードなうちにさっさと取っておきたいというのもあるんだな。

めんどくさいとこから終わらせた方がいいし、さっさと取得してしまおう。

うん、それがいい。

Similar Posts:


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *