仮想化は案の定、企画倒れか・・?

今朝の日記から4時間しかたってないですが・・

うちのアスロン君では実現不可能だってことが分かりました(泣)

せっかくなので経緯を書きます、まずKVMかXenかってとこなんですが、検索結果の多さで決めてましたけどCPUが対応してなかったので、もともとXenしか選択肢はなかったw

 

準仮想化は対応していたので、XenをインストールしてGrubを編集して起動までは順調に進みましたが、スペック的に今の構想している環境を作るのは無理だと判断しましたw

サブ機ではまず不可能となりましたが、せっかくなのでメインのPCでVMwareを使ってなんとかならないか色々やってみようと思います(*・ε・*)

どれくらいかかるかなーっと思ってたんですが

VMwareでもともと入れてたCentOSとVyattaを起動して、CentOSのネットワーク設定をVyattaのネットワークにしたら終わっちゃいました・・、結局今回の企画の肝になったとこは VyattaのNAT設定しだいってことでしたね。

これで終わりじゃつまらないですよね。

VTに対応したCPUとBIOSのPCがあればXenかKVMで試したいですが、そこまでの予算はないので、結局は企画倒れになりました、1日と持たなかったですね。。

Similar Posts:


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *