路上インターネット

蝶野さんの動画を見つけてしまった。長州力さんと話してるだけの動画で、昔にプロレスなんかを見てたりしてないと分かりづらいかもしれないけれど、それでなくても笑えるところはあるので良さげよ。
他にも武藤さんとか出てるのもあったし、何個かチャンネルもあって、数ヶ月は経過してるんかな。良きでした。

たとえば高須クリニックの息子さんで同じくクリニックをやってる高須幹弥さんなんかもYoutubeやってらっしゃるけれど、それもお医者さんが話をしているだけでも内容とか色々あっておもしろい動画も多かったりするし、レスラーたちが喋ってるだけでなんかおもろいのかと問われそうだがおもろいの。肩書きなんてもうもはや目安でしかないなあなんて。
これからは食わず嫌いをしないで何でも見てみるのが良いのかなあ。嫌な感じのは見ないでいいと思うでしかし。

あと他に最近見てたのがJudy and maryのTAKUYAさんが新たに動画を始めたみたいで、当時の曲をコピーするとかで「小さなほにゃらら(という表現になっている)」「Bathroom」など演奏していた。うんと久しぶりに聞いた。やっぱり上手い人の音は気持ちいいね。一昔前はプロの演奏なんか通常ライブだったりビデオとかでしか聴けなかったのが、今じゃ動画で見放題でしかもギター鳴りなんかすごいし、ジャラジャラ聴こえてるし、赤い方のギターすごいし。そんな豪華な要素も詰まっているありがたき動画だった。ピックと弦が当たる音とかまで聴こえるしや。

初めてレコードを聴いたとき、初めてCDを聴いたとき、それぞれの時代であった驚きの出来事を体験したときの感覚ってなんというかこんな感じなんかな。

ところでJudy and maryってすでに解散してるから、元Judy and maryのTAKUYAって書くと変な気がするから元って付けてないのだ。元ってつけると他にもギタリストが居るみたいな感じするし、現Judy and maryがありそうじゃないかい。

TAKUYAさんの動画で知ったので生配信に投げ銭?という機能があり、すぱちゃというのがこれなのかな。チャンネル主にお金を渡せる機能があるみたいで、路上で歌ってるミュージシャンのギターケースにお金を入れるみたいなのがある。路上がインターネットに変わったような。んー、路上もインターネットも似たようなものか。そのすぱちゃの何割かはYoutubeに入る仕組みらしい。おお。

あと、ライブ配信ができるようなアプリって検索してみた感じだと軽く10種類以上はあって、ほんとに自分のスコープを外れると知らないことだらけで、世の中には驚くことがなんて多いのだろうか。もうその辺で歩いてるような人が投げ銭目当てで生配信しているなんてザラにある世の中のようです。ひぃぃ。

ただやっぱりプロが初めるチャンネルに注目したいところ。
どんなふうに流れていくのか増えていくのか。来年にはいったいどうなっていることやらで。

そういえば、しょこたんの配信ではすぱちゃという機能は出てなかったので配信にも何種類かあるのか。すぱちゃやったらいいのになぁとも思うけれど。やらない理由があるのでしょう。
しょこたんが動画内で言うてたことで、たしかに小学生の頃って学校でゲームの内容とか攻略の仕方とか話したなと回想した。

そうだったそうだった。
大人になってからゲームをやるときって、誰とも関わらずにやることが良かったし、楽しかったから、ああそうだったなあと感動したよ。

Similar Posts:


Author: Takeken

インターネット利用者のITリテラシーを向上しようという目的で生まれた、2次元キャラのたけけんです。サーバー弄りからプログラミングまで幅広く書いています。自称エッセイスト。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *