CentOSインストール時にRAID

週末企画としてRAIDをやろうと前に言ってた分になります。

さくらインターネットVPSの512っていうプランで、カスタムOSインストールから進めます。
OSを選ぶ、今回はCentOS5の32bit版
まずJP106を選んで、次の画面でIPアドレスから順に入力していきます。
IPv6は無効にして、IPv4はもちろんDHCPではなく静的で。
サブネットとDNSを入れます。
VNCのスクショを全く撮ってないので文章で書いてますw

次にパーティションの設定をします。
swapとbootと/のとこがあるので/領域を一旦消して2つの領域を作り、SOFTWARE RAIDを2つ作る、RAIDを選ぶ、0と1と10が選べたので予定通りRAID1にした。
マウントに/を選んでOKボタン。

次にセカンダリNSを入力する画面、なんでこのタイミングかは謎ですが入れました。
んで、インストールがたたたっと進んでいきます。
ウェブページを見てたらインストールが終わったことには気づかずネットワークエラーになっててびっくりしましたが、再起動後したらちゃんと起動。

dfでは1つの領域しかでない(泣)失敗したのかなぁとググってみると

cat /proc/mdstat コマンドで調べるらしい。

Personalities : [raid1]
md0 : active raid1 hda3[1] hda2[0]
      8193024 blocks [2/2] [UU]
unused devices: <none>

うまくいったみたい(゚∀゚*)ノ
ためしにRAIDではないたけけんの日記のあるサーバーでも試してみた

Personalities :
unused devices: <none> この表示だけでした。

んでからRAIDにすると速さとか何か違いがあるのか色々とやってみた。

要領がでかいのがいいかなと思ったので、まずXを入れてみた。

yum groupinstall “X Window System”  ”GNOME Desktop Environment”

終わって再起動すると、何故か知りませんがウィン3.1みたいな画面になるので
もっかい

yum groupinstall “GNOME Desktop Environment”

をやってみたら、見覚えのあるGNOMEになりました。
なんだったんだ。

しかし、VNCが使いにくいのですぐテラタームに戻る。
そういえばRAID1ってミラーリングだから別に速度は変わらないよねww
馬鹿アピールはもうやめてくれww
せっかくなので記念アップロード

こんな感じです。

RAID1にしちゃうとおよそ8ギガしかないので、やるなら上位のプランがよいですねって感じもしちゃう。

とりあえずできるのは分かったので、久々に企画は完了した。

セキュリティの設定もしてないのでVPSはまたしばしの冬眠に入りますzzz

 

Similar Posts:


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *