Look back again

こないだローカル・ループ・アドレスを調べてたら、矢井田瞳のLook back againを思い出しました。
ローカル・ループ・アドレスとは自分自身を表すIPアドレスで
てっきり127.0.0.1だと思っていたのですが、上位8ビットが127だったら後は何でもいいそうだ。
初めて知った。
要は127.1.2.3でも127.255.1.255でも同じなのだ。

試しに、PingとIptraf を使ってLoを調べてみると、Pingをするたびに、しっかりと数値が上がっていきます。
127.0.0.0と127.255.255.255にPingを打つと
Do you want to ping broadcast? Then -bと出ますが
まぁ、理由は書いてある通りブロードキャスト・アドレスのため除外されるって、説明書きの通りなんでしょうけど。

んで、実際にオプションの-bを付けてやってみましたが、Pingは100%LOSSとなりますが、Iptrafを見てると数値は上がってるんですよね、何でか分かる?
全く分かりませぬ、単純に考えるとパケットは受けてるけどスルーしてるよって事なん?

そもそも何で、ループバックアドレスの話になったかと言うと、nmapを外部からやった時とローカルからやった時とで開いてるポートが違うので、単純に、おー!っと思ったからです。
こっそり書きますが、最初192.168.0.1にやってましたw 超バカですw
まぁ、失敗を忘れないようにね。

 

 

ちなみにnmapの結果はこんな感じです。

PORT    STATE  SERVICE
25/tcp  closed smtp
53/tcp  open   domain
80/tcp  open   http
465/tcp open   smtps
587/tcp open   submission
631/tcp closed ipp
995/tcp open   pop3s

PORT     STATE SERVICE
25/tcp   open  smtp
53/tcp   open  domain
80/tcp   open  http
110/tcp  open  pop3
443/tcp  open  https
465/tcp  open  smtps
587/tcp  open  submission
995/tcp  open  pop3s
3306/tcp open  mysql

もちろん、上側が外部、下が内部です。
正直よく分かってません。
そもそも今日はnmapの結果についての日記を書こうと思ってたのですが、何だか忙しくて時間がとれずとりあえずローカルループアドレスについてって事で終わります。

前回の日記のタイトルと繋がってそうなタイトルですけど、全く繋がりはございませーん。
にんにん。

Similar Posts:


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *