サーバ/インフラを支える技術 読み終わた

ようやくサーバ/インフラを支える技術を読み終えました、祝1週目。

もっと勉強して、2回目読む頃には80%は実現できるようになってたいなあ。
英語は喋れないけど、言ってる事の意味は何となく分かるんだよね~ってニュアンスは分かる?

 

自己分析してみると、そんな感じの部分が60%、全く分からん所が30%
分かった!という所は10%くらい。

とりあえず、金になるエンジニアはこのレベルなんだなという事も分かる一冊であります。

ついでにですが、これを読むと理解が深まるかなと思った本が、昔に買ったこの2冊。

 

負荷分散を語るにはOSの事を知るべしと、この本はDBエンジニアの方の本でOS内部の事も結構多いです。
Windowsの本はちょっと昔に流行った本なので知ってる人も多いかもです。
ちょと古い本ですが、イラスト付きでやさしくOSが動く仕組みを解説している本で、読みやすいです。

 

サーバ/インフラを支える技術の4章でLighttpdの話が出てきましたが、こないだsamorunoさんからコメントを頂いた内容にかなり近い部分もでてきますし、Lighttpdを併用したりする技術も普通に使われているようです。

あと、個人的に何だか分からんくなった所が、最初の用語解説をすっ飛ばしていたせいもありますけど、IPVSとLVSに関して。
IPVSってのはLVSの機能のうちの負荷分散を実現するもののようです。
まあまあ昨今の不況でコスト削減やリストラがどんどん進んでいますし、LVS自体もぐぐーんと伸びるのではと思いますし、覚えて損はない技術なのでわ。

たけけんは1台だけも上手く使えていないのに、LVSやSquidやリバプロの勉強をするのはまだ先の事になりそうですが、まぁぼちぼち行くぜよ。

個人的には、プログラムの勉強は1年持たなかったんだが(単位を取る必要があるから勉強はしたけどさ)サーバーに関してはもう1年になるし、3日3月3年という事で、俺いけんじゃね?ってノリで行きたいと思います。

ただスクリプトは避けて通れないよねー。
ガクガクブルブル。

 

職種的にはコンサル系をやりたいのだけど、構築ができないとコンサルティングできないしな。

Similar Posts:


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *