お名前.comVPSのスナップショットを試してみた

ちょっとお久しぶりな、たけけんっす。

VPSが恋人みたいな生活をしていますが・・・

 

さて、スナップショットという機能を前から使ってみたいと思ってて、ちょうどお名前.comのVPSに実装されたようなので、ちょっと試してみる事にした。

このスナップショットを使って、2種類のOSを使って育てることもできるし、少し前の状態に戻してみたり、同じサーバーをたくさん作ったりする事に使えるらしいのだ、ちょっと楽しそうでしょ。
失恋とは関係ないからな!

気になってたスナップショットが使えるのと、Servers@man以来の新規申し込みになるので、ちょっとワクワクさん。

 

さくらはクレジットカードで申し込んだ場合のみお試し利用ができるけど、お名前の場合はメール請求を選んでもお試し利用ができるらしい、でも電話認証があった。

とくに問題なく終わる。

とりあえずコンパネに入ってみて、yumのアップデートとか初期設定というか外部から繋ぐための設定を済ませる。
結構サクサク動くので、ターミナルソフトから繋がなくても、ウェブ上のQEMUでもわりと使える感じ。

デフォルトOSはCentOS6、まあ普通にインストールしたのと同じくsshの22番が空いている状態だったけど、鍵認証が最初っからできるようになっていてウェブ上から鍵がDLできるようになっている、Teratermで試したらちゃんと秘密鍵でのログインができた。

んで目的だったスナップショットを使ってみることに、まず仮想サーバーを停止してないと駄目らしく、停止してからスナップショットボタンを押すだけで操作は終わった。

 

うーん、何だかむなしさが残る……

 

 

ということで、普通にCentOSのインストールを行って、LVMのスナップショットをやってみようという企画に変えた。

ISOイメージが用意されているので、ディスクを選んで起動するとインストール画面が立ち上がる、このへんはさくらと同じだが、こっちは画面に埋め込んだ形でQEMUを使うようになっていて、体感の差だけどお名前のQEMUの方が軽く感じる。

インストールの時にLVMでセットアップする必要があるが、さて、いまだにLPICレベル1もとっていないあたくし、ファイルシステムの理屈もよく分かっていないので、いろいろと参考サイトを漁る。

参考サイト
Open Groove LVMスナップショットの覚書
いまずぐ実践Linuxシステム管理 LVM のスナップショット機能を使ってみる

とりあえず今の状態はこんな感じ

# df
Filesystem           1K-ブロック    使用   使用可 使用% マウント位置
/dev/mapper/vg_v157713565-lv_root
29169532   1140820  26546984   5% /
tmpfs                   510340         0    510340   0% /dev/shm
/dev/vda1               495844     52489    417755  12% /boot
/dev/mapper/vg_v157713565-lv_home
51339916    184136  48547860   1% /home

# lvscan
ACTIVE            '/dev/vg_v157713565/lv_root' [28.26 GiB] inherit
ACTIVE            '/dev/vg_v157713565/lv_swap' [1.97 GiB] inherit
ACTIVE            '/dev/vg_v157713565/lv_home' [49.74 GiB] inherit

ってことで早速作ってみる。

# lvcreate -s -L 32M -n Logvol00_snap /dev/vg_v157713565/lv_home
Logical volume "Logvol00_snap" created

# lvscan
ACTIVE            '/dev/vg_v157713565/lv_root' [28.26 GiB] inherit
ACTIVE            '/dev/vg_v157713565/lv_swap' [1.97 GiB] inherit
ACTIVE   Original '/dev/vg_v157713565/lv_home' [49.74 GiB] inherit
ACTIVE   Snapshot '/dev/vg_v157713565/Logvol00_snap' [32.00 MiB] inherit

増えた増えた。

rsyncとかをする時はマウントするらしい。

# mkdir /mnt/snap
# mount -o ro /dev/vg_v157713565/Logvol00_snap /mnt/snap

比べてみるテスト

# df
Filesystem           1K-ブロック    使用   使用可 使用% マウント位置
/dev/mapper/vg_v157713565-lv_root
29169532   1140832  26546972   5% /
tmpfs                   510340         0    510340   0% /dev/shm
/dev/vda1               495844     52489    417755  12% /boot
/dev/mapper/vg_v157713565-lv_home
51339916    184136  48547860   1% /home
/dev/mapper/vg_v157713565-Logvol00_snap
51339916    184136  48547860   1% /mnt/snap

homeだけじゃなくてrootパーティションのスナップショットも取ってみてマウントしてみた。

# df
Filesystem           1K-ブロック    使用   使用可 使用% マウント位置
/dev/mapper/vg_v157713565-lv_root
29169532   1140836  26546968   5% /
tmpfs                   510340         0    510340   0% /dev/shm
/dev/vda1               495844     52489    417755  12% /boot
/dev/mapper/vg_v157713565-lv_home
51339916    184136  48547860   1% /home
/dev/mapper/vg_v157713565-Logvol00_snap
51339916    184136  48547860   1% /mnt/snap
/dev/mapper/vg_v157713565-Logvol00_snap2
29169532   1027300  26660504   4% /mnt/snap2

中を見てみる。

# ls /mnt/snap
lost+found
# ls /mnt/snap2
bin   dev  home  lib64       media  opt   root  selinux  sys  usr
boot  etc  lib   lost+found  mnt    proc  sbin  srv      tmp  var

よし、できてるね。

実際にスナップショットを利用するところまではやっていないんで、何か達成感がないけどね。

くりっとボタンを押しただけでこんなけの事ができるんだから、楽でしょう。
そのうちApacheのインストールとかもワンクリックでできるようになるんでしょうね。

複数Apacheを立ち上げる時とかはソースから入れる訳だから、その辺もクラウド環境でさくっと作れたら時間短縮になるね。

 

久しぶりのブログ更新でしたが、何か勢いがないなあ。
まあいいかな。

 

Similar Posts:


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *