BIND

そもそも逆引きの記述じたいがなかったΣ(@ ̄ Д  ̄@;)たけけんです

はじめての自宅サーバ構築 – Fedora/CentOS –さんで逆引きの記述を参考にして
ファイルを追加しました

たけけんサーバーがnamed.confのゾーン指定をincludeする方法だったので、一瞬混乱しかけましたがなんとか持ち直して named restartも さきほど終わりました

allow-transferの記述だったり、場所が違えどうまく動いていたので特にさわらず、逆引きにかんしても今まで通り includeする方法で追記しました、逆引き用のゾーンファイルを作って指定をincludeで
という記述になってます

自宅からプロバイダのネームサーバーからではまだ解決できなかったので、しばらく経ってまたやりたいと思います

もうセカンダリネームサーバーも用意して検証するってことも考えました

 

Similar Posts:


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *